イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#852 Tragicomic/Vijay Iyer (Sunnyside-CD)

Vijay Iyer - Tragicomic

1.The Weight of Things
2.Macaca Please
3.Aftermath
4.Comin' Up
5.Without Lions
6.Mehndi
7.Age of Everything
8.Window Text
9.I'm All Smiles
10.Machine Days
11.Threnody
12.Becoming

Vijay Iyer (p) Rudresh Mahanthappa (as→only1,2,3,5,6,10,11)
Stephan Crump (b→except9) Marcus Gilmore (ds→except9)

Rec-Unknown



気になるピアニスト、ヴィジェイ・アイヤーの最新作を取り寄せてみました。と思ったら全く同日の発売で、彼自身のグループであるフィールドワーク(Fieldwork)という名のユニットの『Door』(Pi Recordings)と云うアルバムもリリースされていました。彼のHPでMP3を聴いてみたのですが、一聴してその個性的なサウンドにノックアウトされました。これはヤラれるに違いないという確信がありました。実際に色々と聴いてみると本当に多彩なアプローチで、前述のフィールドワークと云うグループ(『Your Life Flashes』と『Simulated Progress』と上記の『Door』の3枚)はより硬派に感じられ、マイク・ラッドのポエトリー・リーディングと打ち込みやエレクトリックを大胆に駆使したプロジェクト(『In What Language?』と『Still Life With Commentator』の2枚)などもあって懐の深さを感じさせるに十分な音が居並んでおりました。

アイヤーはインド系アメリカ人で、両親が科学者で本人も物理学を専攻、奥さんもやはり科学者と云う理系のエリートなんだそうな。頭の良い人には頭の上がらない頭の悪い人間ですが、頭の良い人の創造する音楽に頭の悪い当方が強烈に反応したのがなんとも皮肉です。そんな要素が音楽にも滲み出ているのかと云えば、頭の悪い当方は間違いなく滲み出ていると思いました。そして彼は政治における反体制的なメッセージを自身の音楽でも多分に開陳させているようで、彼の意とするところは自分にはよく解りませんが個人的に怒りの表出した音楽は気になるので、ひょんなところで共鳴し合ったのかもしれません。

1曲目から自身の出自を感じさせる音塊が飛び出してきて、聴いている自分もエキゾチック・モードに突入です。約半数の楽曲に参加している、やはりインド系のラドレッシュ(ルドレッシュ)・マハンサッパのアルトがかなりインパクトがあって、アイヤーのゴリゴリと攻め込んでくるピアノとともにダイナミックでアブストラクトな世界を築いています。マハンサッパとベースのステファン・クランプはアイヤーの過去のアルバムでも頻繁に共演している盟友のようですが、先日新宿ピットインでダニー・グリセットのトリオでじっくり味わってきたマーカス・ギルモアがここでパワフルなドラミングで応戦しているのがとても嬉しい。フリー・ジャズほど不規則ではなく、かと云って解り易いオーソドックスなジャズとは一線を画しており、重々しい迫力を伴いながらテンションの高い演奏が繰り広げられていて大興奮の一枚となりました。

コレを聴いたあと他のアルバムの音源をチェック、耳に憑いて離れない強烈なトラックが目白押しで思わず彼関連の作品をさらに3枚もオーダーしてしまいました。予定外の出費に嬉しいやら悲しいやら。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/27(金) 23:58:08|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#853 Calima/Diego Barber (Sunnyside-CD) | ホーム | #851 Guitars/McCoy Tyner (Half Note-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/870-d7e6ac5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。