イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#853 Calima/Diego Barber (Sunnyside-CD)

Diego Barber - Calima

1.Piru
2.190 East
3.Desierto
4.Catalpa
5.Lanzarote
6.Richi
7.Virgianna
8.Air

1,3,4,5,8

Diego Barber (g) Mark Turner (ts) Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds)

2.

Diego Barber (g) Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds)

6

Diego Barber (g) Jeff Ballard (ds)

7

Diego Barber (g) Mark Turner (ts) Jeff Ballard (ds)

Rec-2008



奇しくもギタリストの初リーダー作が2枚ほぼ同時に届きました。まずはジュリアン・レイジ(Julian Lage)の『Sounding Point』(EmArcy)。若いギタリストですが既に場数を踏んでおりとても巧い。ソロあり、デュオあり、トリオあり、チェロ入りあり、バンジョー入りありとヴァラエティに富んだ編成が楽しめます。もう一方がカナリア諸島出身のディエゴ・バーバー。やはりこちらも巧い。どちらのアルバムもアコースティックが主体のサウンドであるので、パッと聴きの印象としては共通点が多いようにも感じられましたが、ジュリアン・レイジは曲ごとに変わる編成と楽器によって変化を付けてくるのに対し、ディエゴ・バーバーのほうは出自をサウンドへ明確に反映させており、且つ楽曲によってはメリハリも付けられています。

バックに陣取るのはマーク・ターナー、ラリー・グレナディア、ジェフ・バラードの面々。近年のジャズに疎い当方は、この組み合わせで"Fly"と云うグループが結成されていたことは外付けの情報で知った次第です。そしてこの"Fly"もほぼ同時期に『Sky & Country』(ECM)と云う2枚目の新譜をリリース。面白そうなので早速予約してみました。

全編アコギで通した一品で叙情的な一面がしっかりと捉えられています。ディエゴは現在はマドリッド在住とのことなのですが明らかにその土地を感じさせるテイストを含んでおり、ともすればジャズというよりもそちら寄りの雰囲気が色濃く出ていたりもします。その中で引き締まったジャズを感じさせる曲が4曲目と7曲目に置かれており、スローでじっくりと弾き込まれたトラックから一変して空気が入れ替わります。スピーディ且つパワフルでありながらも相変わらずクールな色調のマーク・ターナーのサックスが疾走し、ラリー・グレナディアのベースは小気味良くはずみ、ジェフ・バラードのドラムが活き活きと跳ね回ります。一本調子でどちらかと云えば単調になりがちな全体の雰囲気を変えることに成功していて、個人的な好みはこの2曲のほうでした。ラストの8曲目は20分を超える大作。物語が進んで行くような展開にディエゴ・バーバーの本質が垣間見えるようです。

ディエゴのこともよく下調べせずに取り寄せたこのアルバムですので、彼がアコギ専門の奏者であるのかどうかすらも理解しておりませんが、アコギ好きの小生とは云えもう少し変化球を披露してもらえたらと感じてしまいました。そういう意味に於いては自身の持つカラーが明瞭なアーティストと云うことも出来るのですが。今後の彼の歩みも見守っていこうと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/28(土) 23:59:41|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#854 Paul Bley - NHOP (SteepleChase) | ホーム | #852 Tragicomic/Vijay Iyer (Sunnyside-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/871-65628233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。