イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#862 Aurora/Avishai Cohen (Blue Note EMI Music France-CD)

Avishai Cohen - Aurora

1.Morenika
2.Interlude in C# Minor
3.El Hatzipor
4.Leolam
5.Winter Song
6.It's been so Long
7.Alon Basela
8.Still
9.Shir Preda
10.Aurora
11.Alfonsina y el Mar
12.Noches Noches / La Luz

Avishai Cohen (double-b,el-b,vo,p) Shai Maestro (p,wurlitzer)
Itamar Doari (perc) Amos Hoffman (oud) Karen Malka (vo)
Stephane Belmond (tp,fl-h) Lionel Belmond (fl)

Rec-2008



アヴィシャイ・コーエンの新譜が届いてから繰り返し聴いているのだけど、聴けば聴くたびに彼が表現したかった方法と云うものはこういうことなのかと徐々に納得されられています。彼の演る音楽のコンセプトは何ら変わらないけれど、より自分の音楽を伝えるためには自分自身がヴォーカルを執るということがもっとも自然な形なのだということを、コレを聴いていて漠然と感じることが出来るようになってきました。とは云え当方は英詞はもちろんのこと、ヘブライ語であろう歌われる歌詞の本質を捉えることが出来るはずもなく、音楽から滲み出てくる自身の出自をさらに昇華させるための手段としてはコレが最適だったのかな、と推測するに至ったと云うだけのことです。ですから歌によって民俗的色彩はこれまで以上に色濃く反映されており、アヴィシャイと女性のヴォーカルが相見えた効果はさらに独特な世界を構築しています。よって彼のインストに惹かれ追いかけている方には賛否が出てきそうな内容ではありますね。当方も最初は面食らったのですが徐々に沁み込んできています。そもそもジャズのみならず民族音楽が大好きですので。

ということで全編ヴォーカルのアルバムです。雰囲気としては前作の『Gently Disturbed』(Razdaz)よりも『Continuo』(Razdaz)あたりの作品に歌をのせたような感じと捉えました。それとアヴィシャイのヴォーカルを上手い下手で論じるよりも、その土地のものでなければ表現出来ない領域の世界であると考えたほうが良いように当方は感じています。そういった視点でこの音楽を聴いているほうが自然じゃないかと思えてきました。いや、味のあるヴォイスはなかなか魅力的ですよ。

単純な当方の鑑賞力ではウードが奏でる旋律は中東音楽のそれであり、アヴィシャイのヴォイスはモスクから呼びかけるアザーンのようにも聴こえます。ベーシストのアヴィシャイとしてはアルバムの特性からか今までよりは若干控えめにも聴こえますが、やはり耳を簡単に通過してしまうものではないいつも通りのインパクトは有しています。そしてシャイ・マエストロの重要性は以前よりもさらに増しているように思われます。このピアニストの奏でる音はテクニック云々よりも立ちのぼる香気が強烈で、シンプルなのにもの凄く印象的であるのは前作と比較しても引けを取りません。ごく僅かですがホーンも一部に加え、ドラムを置かずにパーカッションのリズムを据えています。とにかく香辛料が漂うようなスパイシーな音楽に仕上がっており、ジャズの概念で捉えようとすることを嘲笑うかのような痛快さを伴っています。

何かと話題になりそうなアルバムを提供してきたことにほくそ笑みながら徐々に受け入れ中です。彼の進む道に迷いは無いようです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/06(月) 19:13:16|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#863 Sky & Country/Fly (ECM-CD) | ホーム | #861 The Sonny Clark Memorial Album (Xanadu)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/880-cc6ee7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。