イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#864 Simulated Progress/Fieldwork (Pi Recordings-CD)

Fieldwork - Simulated Progress

1.Headlong
2.Transgression
3.Trips
4.Telematic
5.Media Studies
6.Gaudi
7.Transitions
8.Peril
9.Reprise
10.Infogee Dub
11.Durations

-Fieldwork-

Vijay Iyer (p) Steve Lehman (as,ss) Elliot Humberto Kavee (ds)

Rec-2004



最近のジャズ・ミュージシャンの特色であるのか、自身の名義作と同時進行でグループ名を冠したコンボを複数操って演奏活動しているアーティストがことのほか多く、近年は特にそれが顕著になっているように感じられます。情報弱者の当方はまずひとりのミュージシャンを軸に据えてそこから芋づる式で理解していくのですが、それこそパズルの如く点と線を結びつける作業をしているような気がして、終わりの無い全体像を把握するのに四苦八苦しているような感覚になっています。特に先鋭的なアプローチを執る連中がこのような傾向にあって、またグループ名も曖昧な別プロジェクトまで抱えていたりするのですから始末に負えません。こういうものを系統立てて紹介しているサイトがあれば喜んで日参するのですが、ローテク男はそれを見つけることすら出来ずに難儀している有様です。

そんなわけで昨日の『Fly』に続けて本日は『Fieldwork』です。最初の頃はグループ名だけだと「誰?」だったのですが、日々の学習の成果なのか徐々に知識を蓄えつつあります。「フィールドワーク」に関しては、最新作の『Door』(Pi Recordings)とこの作品を取り寄せ、個人的にツボに嵌りまくったこの作品を今日は聴いています。ここのところ気になっているヴィジェイ・アイヤーにスティーヴ・リーマンという個性派プレイヤーのグループであるので自分としては無視出来ません。特にスティーヴ・リーマンの近作『Manifold』(Clean Feed)には脳天をかち割られるような戦慄を受けているので、聴くことに対しての義務感のようなものまで生じてしまいます。

このグループはベーシストを配置しないサックス・トリオになります。しかしこのゴツいサウンドは何なのでしょう。流れるような液体ジャズの対極にあるゴツゴツとした岩石落しのような骨っぽい音塊が攻撃してきます。勝手ながら岩石ジャズと命名してしまおうかと思ったくらいにヘビーなサウンドに溢れています。それこそアイヤーのピアノがベースの役割を担っているかのような強烈さで、重低音が利きまくる図太い音に惹き込まれて時折見せるアブストラクトな解釈とカオス感が堪りません。リーマンも自由度が高くて強烈でインパクト抜群ですが、ひと際目立つのがドラムの存在。読み方が判らないので調べてみたらエリオット・ハンベルト・キャヴィーという表記が出てきました。丹田に響く一撃一撃が痛快で、このスコーンと抜けるリズムに乗せられこちらも前のめりになってしまいます。

フリーやアヴァンギャルドのような世界と云うよりも、コンセプトがより明確で解り易さも伴っています。三位一体の重厚な音圧は刺激的で、ハードで混沌としたジャズを愛する方には是非聴いてもらいたいお薦め盤です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/08(水) 23:59:50|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#865 Upojenie/Pat Metheny & Anna Maria Jopek (Nonesuch-CD) | ホーム | #863 Sky & Country/Fly (ECM-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/881-6796bc11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。