イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#868 April in Paris/Count Basie and His Orchestra (Verve)

Count Basie - April in Paris

A
1.April in Paris
2.Corner Pocket
3.Did'n You
4.Sweety Cakes
5.Magic

B
1.Shiny Stockings
2.What am I Here for
3.Midgets
4.Mambo Inn
5.Dinner With Friends

Count Basie (p,org) Wendell Culley (tp) Reunald Jones (tp) Thad Jones (tp)
Joe Newman (tp) Quincy Jones (tp→onlyB-4,B-5)
Henry Coker (tb) Bill Hughes (tb) Benny Powell (tb)
Bill Graham (as) Marshall Royal (as,cl) Frank Wess (ts,fl) Frank Foster (ts)
Charlie Fowlkes (bs) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (ds)
Joe Williams (vo)

Rec-1955,1956



久しぶりに自分の原点にかえってこのような作品を聴いています。高校生の頃から聴いていたこのアルバムですが、自分の場合は物心がついた頃からスウィング&ディキシー・ジャズが流れる環境で育ったので、当時からこのあたりの作品は当然のように自然に受け入れる態勢が整っていました。最近ジャズに戻ってきて新録ジャズの新鮮さに感動し、また革新的なアプローチでの演奏なども貪欲に吸収していきたい当方にとっては、意識的に仕向けていかないとこのようなスタイルの演奏をなかなか顧みる機会が与えられない状態です。ゆったりとした日曜日にマッチするのではないかと気になって思わず手に取ってみました。

当方にとってこのアルバムは特別に思い出深い作品で、やはりタイトル曲のA-1の存在が全てになっています。学生の頃の自分の友人もこのA-1がお気に入りで、当方の家に来ては該当のトラックを聴かせるようせがむのでした。彼は鉄道模型が趣味で古き良きアメリカの田舎を再現したジオラマを当時から作成しており、また海外のミステリなどにも造詣が深かった人間で、このようなゆったりとした往年のスウィング・ジャズなどにも無条件に反応していました。若い当時から同年代の他の連中が入り込めないような特殊なニオイを醸し続けていた変わった二人であったと恐らく思われます。思えば自分で仏像を彫ったりバロック楽器のリュートを自作したりする友人もいたりして、自分のまわりにはなかなか個性的な猛者がたくさんいることに気がつきました。

タイトル曲でのベイシーの発する「ワン・モア・タ~イム」と「レッツ・トラ~イ、ワン・モア・ワンス」の声は、自分にとってもタイム・スリップさせられる威力があり、あの頃のノスタルジーが強制的に甦ってきます。分厚いホーン・アンサンブルに今となっては定型とも言えてしまうソロの応酬ですが、それを含めて愛おしくなってしまう名品です。

ピリピリと張りつめたような刺激的なジャズを連続で摂取しても好奇心が勝り疲れない当方ですが、対照的とも云えるスウィングなどは心のルーツとして大切にしているので、聴けばやはりホッとしてしまいます。目新しさとは無縁の豊潤なサウンドを聴いた瞬間に自分の精神がリセットされるのは有難いことで、これからの自分にとっても必要不可欠なカンフル剤となってくれる大切なジャズなのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/12(日) 23:59:22|
  2. Dixie, Swing, Trad, New Orleans
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#869 Once Upon a Time/The Alan Skidmore Quintet (Deram-CD) | ホーム | #867 Redemption - Quest Live in Europe/David Liebman (Hatology-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/885-e6c53f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。