イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#882 Alchemic Life/Kazutoki Umezu Kiki Band (Not Two Records-CD)

Kazutoki Umezu Kiki Band - Alchemic Life

1.Squirrelly Dragon
2.Monkey Mash
3.Outer Stopper
4.Hot AX
5.Nowhere House
6.Viva Chuo-Line Jazz
7.Flying Head
8.Vietnamese Gospel

-Kiki Band-

Kazutoki Umezu 梅津和時 (as,cl) Natsuki Kido 鬼怒無月 (g)
Takeharu Hayakawa 早川岳晴 (el-b) Joe Trump (ds)

Rec-2007



以前チャールズ・ゲイルの新譜『Forgiveness』を発注した時に、このNot Two Recordsと云うレーベルから藤井郷子、田村夏樹夫妻のデュオ・アルバムが出ていることに気がついた。そしてゲイルのアルバムと同時期に梅津和時氏のKiki Band名義のアルバムがリリースされることにも気がついた。ポーランドのレーベルが日本人のミュージシャンにスポットを当ててくれるのはなかなか嬉しいことですね。そういえばフリー系のレーベルではジョン・ゾーン主宰のTzadikも日本人を多く起用していましたね。

梅津和時氏と云えばオッサンの小生には「生活向上委員会」とか「どくとる梅津バンド」とかが思い出されるのですが、なにせ当時から語れるほどに聴いていないですし今現在の活動も自分にとってはヴェールに包まれています。ただし最近リリースされた『梅津和時、演歌を吹く。』(Doubtmusic)というアルバムが無性に気になっていたので、タイミングとしては聴いてみる良いキッカケになりました。現在の彼はソロ活動の他、この「Kiki Band」と「こまっちゃクレズマ」などのユニットで活躍中のようですね。

ですからこの「Kiki Band」も全く知識がなかったので先ずはYouTubeで映像を探してみると、ド派手なジャズ・ロック(と云っていいのか?)が飛び出してきて仰け反るとともに、その圧倒的なパフォーマンスに釘付けになってしまった自分がいました。アップされていた"Monkey Mash""Black Jack"を聴いてみて、今日取り上げたこのCDを即座に発注してしまいました。

このアルバムはポーランドの"Alchemia"と云うハコでのライブで、やはり爆発的なパワーで迫っており、このバンド特有の強烈なインパクトに唸らされてしまいます。還暦を迎えるにあたっても意気軒昂な梅津氏のアルト&クラリネットが炸裂し、鬼怒氏のヘビーなギターがワイルドに襲いかかります。早川氏のエレベは疾走感に溢れ、アメリカから襲来したジョー・トランプのハイ・テンションで扇動的なタテノリのビートに腑抜けにさせられます。アルバムを聴いてみて解ったのですが、轟音サウンドに終止する訳ではなく5曲目のようなクールに響いてくる音作りや8曲目のような牧歌的なものまで多彩なんですね。6曲目はいわゆるあの「中央線ジャズ」を意味する曲なのでしょうか?

奇しくも今月より"Kiki Band"でのツアーがあるようで、とても気になっている自分がいます。フットワークが軽いところに住んでいれば無条件で観に行きたいのですが、如何せん田舎住まいで条件が揃わなければなかなか出かけられない身の上です。はてさて上手くスケジュールを調整出来るのでしょうか。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/02(土) 23:23:25|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#883 Edmonton Festival '76/Paul Desmond Quartet (Gambit Records-CD) | ホーム | #881 Life/David 'Fathead' Newman (HighNote-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/898-b9f7f5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。