イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#9 After Hours/Dusko Goykovich (Enja)

Dusko Goykovich


A
1.Last Minute Blues
2.A Child is Born
3.Old Fisherman's Daughter

B
1.Remember Those Days
2.I Love You
3.Ten to Two Blues

Dusko Goykovich (tp) Tete Montoliu (p) Rob Langereis (b) Joe Nay (ds)

Rec-1971



セルビア生まれのゴイコヴィッチの代表作は『Swinging Macedonia』が特筆されていて全く異論は無いのですが、このアルバムも良いですよ。
ノリノリのA-1はゴイコヴィッチとテテの掛け合いに、うねるベースが乗って最高です。A-2では一転してしっとりと変化し聴かせます。
全体的には叙情的な曲調の物が多いので、一層A-1は際立っています。

コレのオリジナルは『Ten to Two Blues』(Ensayo-ESP)でエンヤでの再発時にこのタイトルとジャケットになったそうです。

この手には小生は何度か引っ掛かっていて、買ったはいいけど同じものだったというのがたまにあるので、複数で収集するつもりが無いだけに情けないものがあります^^;
駄耳&ボケなので救いようが無いのですが、ジャケが違うのでしょうがないと無理やり諦め、納得させています。

筋金入りのコレクターの方は異ジャケはもちろんのこと、お気に入りのアーティストやアルバムの再版全てを収集したり国別に集める方がいらっしゃるようですが、根がショボイので小生は全くそのような傾向がありません。ちなみにオリジナル盤も再発で入手できれば全くこだわりがありません。なにせオーディオも耳もショボイので・・・。

特にPrestigeものが良くダブるんですよ。(異番号で同内容ものが多いんです。)

おいおいダブり物もここで取り上げていきます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/10/31(火) 02:19:09|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#10 From Vienna With Jazz !/Friedrich Gulda His Piano and Big Band (Columbia) | ホーム | #8 Heavy Sounds/Elvin Jones and Richard Davis (Impluse)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/9-9e8ec8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。