イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#891 Air Song/Air (Whynot-CD)

Air- Air Song

1.Untitled Song
2.Great Body of the Riddle or Where were the Dodge Boys When My Clay Started to Slide
3.Dance of the Beast
4.Air Song

-Air-

Henry Threadgill (ts→only1,bs→only2,as→only3,saxes,fl→only4)
Fred Hopkins (b) Steve McCall (ds)

Rec-1975



悠雅彦氏の"Whynot Records"の作品が、ロンドンの"Candid Productions Ltd."というところから今年になって4枚リイシューされていて、このなかに探していたこのアルバムがあったので喜んで取り寄せてみました。今回の再発にはエアーの他にはジョージ・ケイブルス、ウォルト・ディッカーソン、チコ・フリーマンという3作がラインナップされており、チコ・フリーマンも引っ張ってみたのですがどちらも男臭いムンムンとした硬派なジャズで大変満足しています。ちなみにこのアルバムのLPは下掲のようなデザインだったんですね。コレ、過去に何度も中古屋で遭遇しているなぁと今さらながら気がつきました。でも同様のジャケット・デザインでの作品が6枚もあるそうなのでどれかはよく判らないのですが。趣向の幅が広がった今では当然食指が動きまくるのですが、当時はこのグループのことすらなんにも知らなかったので手にはとれなかったというのが本音です。この二枚を体験した現在、Whynotレーベルの他の作品にも俄然興味が湧いてきましたが、何枚ほどの作品が生み出されているのかイマイチよくわかりませんでした。私設のディスコグラフィーは見つけることが出来たのですがどうやらコンプリートではないようですし、ここにある16枚以外にもケニー・バロンの「いもはうす」でのライブ盤とか、色々あるようなので全貌を知りたいものです。

Air - Air Song (Vinyl)

ヘンリー・スレッギルに興味を抱いて以来エアーと云うグループは避けては通れないものになったのですが、如何せんスレッギルの作品の殆どが廃盤であったため追っかけるのにも時間がかかります。今回このファーストが復刻され、以前から手に入れることの出来た1977年のサード・アルバム『Air Time』(Nessa)の2枚、他には個人名義の『Song Out of My Trees』(Black Saint)を聴くことが出来ています。まだまだライヴ・アルバムとか"New Air"と名を変えてリリースしたものとか、近年のものは全く違うグループ名義の作品であったりして、当方にとっては未知な部分がまだまだ多い状態です。早いところセカンド『Air Raid』(Whynot)も復刻してくれないかなぁと期待しています。

エアーでのルーツとなるこの作品は、スレッギルの特筆すべきキャラクターが溢れ出た濃厚さがなんとも魅力的ですね。一番最初に聴いた『Song Out of My Trees』(Black Saint)がかなりコンセプチュアルな内容であったので、今ひとつ彼の本質が掴めない状態で悶々としていました。対するエアーでは吹きまくるスレッギルのタフガイさがタップリと捉えられており最高です。テナー、バリトン、アルト、フルートと曲ごとに楽器を持ち替え野太く逞しいサウンドで迫ってきます。彼にはアルトのイメージが個人的には付いていましたがそれ以外もかなりいいですね。テナーなんかも艶っぽくて入り込みます。聴いていてよくわかったのがベースとドラムスとの相乗効果が何とも云えずゾクゾクし、ネットリと黒いリズムに相見えるサックスにヤラれます。フレッド・ホプキンスとスティーヴ・マッコールは既に故人なのが残念なところですが、体験済みの2枚で聴けていない作品への期待がさらに高まりました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/18(月) 23:58:45|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<#892 Morning Prayer/Chico Freeman (Whynot-CD) | ホーム | #890 Red Hail/Tigran Hamasyan Aratta Rebirth (Plus Loin Music-CD)>>

コメント

良いのがありまっせ!

ぬどいさん、こんばんは。

Airですか、久しく聴いていないなあ。
昔は寝ても醒めてもAir三昧でしたが。 (^^ゞ
全部聴いたわけではないですが、
New Air  Live At Montreal Jazz Festival
は、スンゴイです。
フリージャズで5本の指に入る大傑作!と、個人的には思っています。
マジお薦めなんですが、入手困難のようですね。
昔はエサ箱に捨てられたように何時行っても有ったもんですが、、、
こちら(emusic)で試聴できます。
↓       ↓       ↓
http://www.emusic.com/album/New-Air-New-Air-Live-At-Montreal-International-Jazz-Fest-MP3-Download/11332026.html
これはクセになりますよ~~、ご注意あれ! (笑) 
ではでは。
  1. 2009/05/19(火) 23:41:18 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

カッコいいですね!

nanmo2さん、こんばんは。

はい。今さらながら"Air"です(笑)。この年代のジャズは本当に疎いんですよね~。70年代後半から80年代後半にかけてはいわゆる50~60年代の名盤や珍盤の類いを主に漁っていたタイミングなもんですから、新録であったこの頃の作品を殆ど手にとっていないんです。どちらかと云えばこの時期はフュージョンのほうが詳しかったりしますが(笑)。

リンク有難うございます!"New Air"なのでベーシストがフェローン・アクラフですね。ん~、ラフでザックリとしたサウンドがカッコいいじゃぁないですか。しかも私好みの「ライブ」と云うフォーマットですし。ひょっとしたらCDを探すよりもLPを探ったほうが見つけ易いのかもしれませんね。田舎住まいなので中古屋に出向くことは侭ならないのですが、ネットと上京時との両面で探してみようと思います。情報有難うございました!
  1. 2009/05/20(水) 00:38:18 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

アクラフは・・・

・・・ドラマーですよ、ぬどいさん。(失礼しました)

アクラフはかなりきてます!

  1. 2009/05/20(水) 03:05:10 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

お恥ずかしい・・・

sheppさん、こんにちは。

ブハッ・・・やってしまいました・・・(汗)いつも間抜けな間違いをやらかします・・・。

>アクラフはかなりきてます!

んー、そうですか。いよいよ本格的に聴きたくなってきました。ところで"New Air"のアルバムが出た1983~1986年というのはアルバムはCDででていたのでしょうか?それともLP?この時期ってどちらで発売されたのか微妙ですよね。たぶんまだCDではなさそうな気がしますが。LPで出ていた場合は、中古ですとやっぱりアナログのほうが出回る数が多いのでしょうかね。探す時の参考にしたいと思っています。
  1. 2009/05/20(水) 13:21:57 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

わたしのは・・・

・・・LPです。
Black Saint のBSR0084 でリリースが1984ですから時期的に微妙ですが オリジナル
はLPだと思われます。 
しばらくD.U.のUSEDの棚に大量に(気の毒な値段で)ありました。(良い演奏なのに)

再発の状況が分かりませんが、CDをちょっと探して見つからなければ LPの新品か
USEDを探した方が良いと思います。
  1. 2009/05/20(水) 18:05:48 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

有難うございます。

sheppさん、こんばんは。

ご面倒をおかけし申し訳ございませんでした。やはりLPでしたか。この場合はアナログをあたったほうが球数が多いはずですので、ネット或いは上京時に探してみようと思います。

>気の毒な値段で

うーん、やはりそうですか。値段の安さと内容の優劣が相関しないことは、昔からさんざん感じていたことですので驚きませんが、この辺りの年代の作品はあまり顧みられることは少ないということなのでしょうかねぇ。需要が少なければ必然的に安価になるので致し方ないのかもしれませんね。そういう自分も今まで関心を示さなかった訳ですから、これから良い演奏を探すべく色々と接してみようと思っています。
  1. 2009/05/20(水) 18:23:49 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/907-e2569480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。