イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#894 Blessed Ones/Orrin Evans Trio (Criss Cross Jazz-CD)

Orrin Evans - Blessed Ones

1.Autumn Leaves
2.Two Faces of Nasheet
3.Anysha I
4.Some Other Blues
5.Blessed Ones the Eternal Truth
6.The Inchworm
7.Bright Size Life
8.I Will Wait for You
9.Anysha II

Orrin Evans (p) Eric Revis (b) Nasheet Waits (ds→except4,6)
Edgar Bateman (ds→only4,6)

Rec-2001



連日のサイクル・ロード・レース中継(現在はジロ・デ・イタリア)の観戦によって、ブログの更新頻度が著しく落ちていますが、ジャズへの興味に対するポテンシャルは当然の如く持続しています。相変わらず毎晩ジャズを楽しんでおり、関心が弛むことなく探求もしております。本日もゲイリー・バートンとパット・メセニーの先日届いた新譜であるカルテット・ライブを堪能中で、CDの売り上げ不振と云うニュースとは無縁のアホみたいな買いっぷりも健在です。日々の生活に汲々とするかのような浪費は相変わらず自分の首を絞めています。と弁明し、無沙汰をお詫びしつつ本題です。

いつまで経っても耳が発達しない残念な人間ですが、オリン・エヴァンスのピアノを聴いていると「理知的」と云うイメージがなんとなく漠然と浮かんできます。いわゆるパッと聴きだとなかなか浸透してきませんが、繰り返し吟味してみると新たな発見が次々と訪れるというか。これは結構前にリリースされている作品ですが、今さらながらこのアルバムの聴き所を探りつつ徐々に輪郭を捉えようと試みている最中です。そもそも自分にとって一聴してすぐ電撃的にハマるアルバムはそれほど多くないので、作品を聴いていく上に於いては必然的なパターンであり、殆どの作品で体験しなければならない過程にもなるのですが。オリン・エヴァンスのピアノに関しては特にその度合いが強いかもしれません。

コルトレーンやパット・メセニー、ミシェル・ルグランの曲など他作で固めた9曲が収録されています。定番中の定番である1曲目などは、通常はメロディがすぐに浮かんできて曲をなぞっていきたくなるものですが、あまりの独特の展開に目を見開いてしまいます。序盤は原型を見出すことも困難ですが、聴き慣れたメロディが不意に現れ消えていくようなそんなアレンジ。そのクールで大胆な解釈にジャズの醍醐味を改めて認識し、端々から滲み出るカッコ良さが堪りません。己の確固たるスタイルを誇示するかのような自信に溢れた演奏ですね。もちろん聴きにくいと云う意味は全くなくて全体的に見ればオーソドックスに展開する曲も多いので、彼の懐の深さも実感出来る作品になっていると思います。ただし、その計算し尽くされた妙味を楽しむにはイカレ耳には幾度も注入する必要性が生じるという訳です。

オリン・エヴァンスの存在感のあるピアノにも負けることなく、エリック・レヴィスのベースも太くて重いリズムを刻んでいきます。ナシート・ウェイツはフリーなどのシーンでも活躍するドラマーですが、ここでの堅実なプレイも申し分なく、時に攻めにも転じており相変わらずパワフルなドラムを堪能することが出来ますね。ピリッと引き締まった空気感が感じられる、どちらかと云えば辛口寄りの旨口ピアノ・トリオでした。

ところで5月19日リリースでアナウンスされているクリスクロスの新譜の4枚はいつ頃到着するのでしょうかねぇ。マーカス・ストリックランドの作品が気になってしょうがない。双子の兄弟のE.J.も初リーダー作を発表したばかりですし、併せて早く楽しみたいところなのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/26(火) 18:24:09|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#895 Ten/Ellery Eskelin (Hatology-CD) | ホーム | #893 Contemporary Jazz/Branford Marsalis (Columbia-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/910-598fc54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。