イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#897 Paloma Recio/Tony Malaby (New World Records-CD)

Tony Malaby- Paloma Recio

1.Obambo
2.Lucedes
3.Alechinsky
4.Hidden
5.Boludos
6.Puppets
7.Sonoita
8.Loud Dove
9.Third Mystery
10.Musica Callada

Tony Malaby (ts) Ben Monder (el-g) Eivind Opsvik (b) Nasheet Waits (ds)

Rec-2008



トニー・マラビーのすごく楽しみにしていたアルバムがやっと手元に届きました。そもそもマラビーのHPに掲げられていたパロマ・レシオのジャズ・ギャラリーでの映像に釘付けになって以来、その演奏を刷り込むべく執拗に視聴していました。自分がコレに気づいた2月頃には国内の量販サイトではこのアルバムのアナウンスが全く無かったため、いつ頃出るものなのか常に監視していたのですが約4ヶ月近く経って無事落手できホッとしています。

が、困ったことにあまりに刷り込み過ぎてしまったため、オリジナルを凌駕するくらいにこの映像が自分の中でベストになってしまい、今回届いたアルバムの"Obambo"にはある種の物足りなさを感じてしまいました。オリジナルのほうが若干テンポも速めで畳み掛けるような感じですな。予習が過ぎることによって招くこういうことが当方には往々にしてあります。ベン・モンダーの麻薬的なリフが取り憑いて離れないこのナンバーは、規律と破壊が混在するかのような展開で、個人的に一番ゾクゾクする形で進んでいくので思わず凝視してしまいます。序盤では熱を感じさせないマラビーのテナーが曲が進むにつれ徐々に壊れていき、淡々としたパルスを刻み続けるアイヴィンド・オプスヴィクのベースと、脳髄に直接作用するナシート・ウェイツのドラムが何とも云えない怪しさを醸し出しています。

トニー・マラビーのアルバムとしては2007年の『Tamarindo』(Clean Feed)での演奏を楽しんでいました。前作のチェロとのトリオである『Warblepeck』(Songlines)は、チェロという楽器にあまり食指が動かない当方はスルーしてしまいました。今回のこのアルバムですがマラビーのテナーはもちろん、やはりモンダーのギターの存在感が際立っています。独特の世界を持っているモンダーの浮遊感を伴ったギターはサウンドに奥行きを与え、マラビーの七変化のテナーを包み込むようにアシストしています。トータルな印象として熱感が少なめの曲が多いように感じられるのですが、一旦スイッチが入ると徐々にヒートしていき、熱によってケーブルがショートするかのようなホットな交換も聴かれてなかなか興奮します。見た目よりも実は派手で、クールにスパークすると云った感覚でしょうか。そしてナシート・ウェイツのスリリングなドラムも相変わらず申し分ありませんね。一本筋の通ったコンセプチュアルなサウンドが全体を支配していますので、オーソドックスなスタイルを好む向きには全く訴求しないアーティストになるのでしょうね。

マラビーとは関係ない話ですが、明日ピットインにモティーフが出るんですよねぇ。すごく見たいのですが残念ながら無理なのです。5日(金)にはケヴィン・ヘイズ・トリオ(with ダグ・ワイス&ビル・スチュワート)も新作となる『You've Got A Friend』(Jazz Eyes)に併せて来日するようですし。6月には観たいアーティストが多く来るのですが残念ながら全く身動きがとれません。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/06/01(月) 23:52:09|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#898 America/Wadada Leo Smith, Jack DeJohnette (Tzadik-CD) | ホーム | #896 Live in Berlin/David Murray Black Saint Quartet (Jazzwerkstatt-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/913-d1ddd12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。