イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#899 Ancestral Devotion/Lonnie Plaxico Group (Plaxmusic-CD)

Lonnie Plaxico - Ancestral Devotion

1.Ancestral Devotion
2.Nile River Valley
3.Goddess Maat
4.Rude Awakening
5.The Teachings of Ptah Hotep
6.Tekhenu (Obelisk)
7.Hallucination
8.Smile
9.Osiris & Set
10.In the Rain

Lonnie Plaxico (b,el-b) Jeff Hermason (tp) Mike McGinnis (ts)
Helen Sung (p,B3-org,el-p) Kenny Growhoski (ds)
Marvin Sewell (g,ac-g→only2) Gary Fritts (perc→only2,10)
Kahlil Kwame Bell (perc→only1,4,7,8)

Rec-2008



一週間以上のご無沙汰でした。相変わらずのジャズの日々を送っています。聴きたいものがどんどん出てきて困っていることも以前から同様の状態です。しかしまぁ生み出されるアルバムの多いこと。次々と発表されるアルバムに対する世間サマの注目度は作品によってマチマチですが、ネームヴァリューに拘らず分け隔てなく聴いてみたくなるのは、当方にとってはもはや治しようもない病気のようなものですな。かと云って全てに執着する訳にもいかず、やはり先立つモノとの相談を綿密に行わなければならず、月間に取り寄せる候補となる二十枚強の選定をせざるを得ないことが実情であります。一度決断したもののその中からこぼれた作品が気になって気になってしょうがないのは毎度のことで、改めて翌月に取り寄せてしまうこともしばしば。結果的に翌月の予算に食い込んで、新たな新譜への選択肢がさらに狭いものとなり・・・。やはり今月も自重しなければならないくらいに拍車が掛かっています。まったくキリがないですなぁ。

先日ロニー・プラキシコの新譜が届き今日はコレを聴いていました。粗末な作りの紙ジャケにスリーヴのない状態でCDが放り込まれていて、既にスレが目立っていて参ってしまいます。一聴して思ったのはここのところリリースされている彼のアルバムの作風と基本的なコンセプトは全く変わっていないなぁと云う事。燃え上がるようなライブ盤の痛快さは別格としても、このスタジオ録音には緩急がより明確になっていて、静なる曲が若干多めに聴かれることぐらいでしょうか。そんなわけで事前にジャケットやタイトルから連想されたイメージは聴くにつれて消えていってしまいました(強いて云えばタイトル曲よりも2曲目あたりにその香りを感じますが)。

予測出来ないメロディとコード進行に分厚いビート。めまぐるしく変幻していくフロントの二管にバシバシと決めていくドラムに鞭打たれるベース。アコースティックでもエレクトリックでもプラキシコのベースは一級品です。曲によってギターやパーカッションが加わり表情を変えていきます。アジア系の女流ピアニスト、ヘレン・サングも彩りを与えなかなかイカしていますねぇ。ピアノのみにとどまらずローズやB3を駆使しサウンドをコラージュしていきます。エレクトリックではグルーヴ感も高潮で、ここのところ務めていたジョージ・コリガンに迫る存在感も示しています。女性らしい優雅さをピアノで醸す8曲目などもいいですね。

ムッチムチの濃厚なビートを拝める彼のサウンドは大好物であるので、基本的に路線変更がないこの内容は当方にとっては無問題であるのですが、作品にさらなる新たな展開を期待してしまうのも正直なところです。ガンガン攻めてくるサウンドが好きな方には、いわゆるM-BASEなどの先入観がなくてもかなり楽しめるのではないでしょうか。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/06/12(金) 21:26:02|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#900 Amen/Daniel Zamir (Acum-CD) | ホーム | #898 America/Wadada Leo Smith, Jack DeJohnette (Tzadik-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/916-a2d9471a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。