イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#905 The Traveller/Sonny Simmons (Jazzaway-CD)

Sonny Simmons - The Traveller

1.Humprhey
2.Armada
3.Spheres
4.Duet
5.Brainstorm
6.Sunset

Sonny Simmons (as,eng-h) Anders Aarum (p) Mats Eilertsen (double-b)
Ole-Thomas Kolberg (ds)
Harald Aadland (vin) Eyleen Siegel (vin) Bendik Foss (viola) Kari Ravnan (cello)
Vider Johansen (fl,cond.)

Rec-2004,2005



ここのところ、ブログに広告が表示されないと記事を更新しないと云った体たらくで、かなりご無沙汰しておりました(一ヶ月以上放置すると一番上に宣伝が表示される仕様なのです)。個人的には波乱の2009年継続中でございます。

そんな中でもやはり新譜を中心に大量に買い込んで聴いています。ステフォン・ハリスやロバート・グラスパーの音楽の振れ幅の大きさに頷き、ヴィジェイ・アイヤーの新境地に触れて感動し、グレッチェン・パーラトに新たなるスタンスを垣間見て、マット・ウィルソンという変わった風合を醸すミュージシャンを初めて知って夢中になり、クリス・ポッターのウネりにヤラれ、エラリー・エスケリンのライブは相変わらずカオスで安心してしまう始末です。また、スティーヴ・リーマンのスケールの大きさは期待以上で、ジョン・ヒックスの晩年のソロを滋味深く味わい、ダニエル・ザミールの呪術的なヴォイス&節回しに翻弄され、ドニー・マッカスリンにダンディズムを感じ、大西順子の変わらない存在感と選曲の妙にほくそ笑んでいます。そしてジェフ・ハミルトン、ジェイソン・モラン入りのナシート・ウェイツ、マーカス・ストリックランドの新譜等々、ドカドカと手元にやってきて聴く時間が足らん足らん。相も変わらず聴くものに一貫性がありませんが、色んなものを聴きたいのだからしょうがない。貪欲すぎて財布は常に軽く、理解度を伴わない残念な耳はもはや救いようの無いレベルにまで達してきましたが、その瞬間が自分にとっての最良の時間であることには変わりは無いのでやっぱり興味は尽きません。そんな調子のジャズ・ライフですがたまには50~60年代の録音のアナログも載せて楽しみますし、今から10~20年前の旧譜CDの探求も惜しみません。そんな中から今日はソニー・シモンズを聴いていました。

漠然と思っていたことなのですが、ソニー・シモンズという人はどの程度聴かれているのかなぁと考えてしまいます。やっぱりフリー・ジャズのイメージが先行して一般的には手に取られていないのでしょうかね。かく云う私もソニー・シモンズのアルバムは殆ど聴けていないけれど、何か引っ掛かるものがあってこうやって旧譜を取り寄せてみたりします。今までは60年代の数枚と、92年の『Ancient Ritual』(Qwest)を聴いている程度です。彼の作品は寧ろ近年のほうが多くリリースされていますね。このアルバムは一聴して彼のアルバムの中でも特異な位置づけにあると感じることが出来ました。コンパクトなストリングスを配置していることにその印象を強いものにしています。

聴いてみてとっつきにくいものではなくて、普通に沁み入ってくるのが面白い。ただし彼の醸す変態的なフレーズは隠しようがなくところどころで滲み出てくるのはご愛嬌です。そんな全6曲のうち、ラストの"Sunset"にグッと来る自分がいます。この一曲は自分にとっての宝であり、このCDを愛でる最大の要因です。この曲になんともいえない哀愁を感じ、直近の自分の日常に投影してしまいます。あぁまたもや辛気臭いことを言ってしまいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/20(日) 01:42:51|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<#906 Double Booked/Robert Glasper (Blue Note-CD) | ホーム | #904 Stand!/Eric Reed (WJ3-CD)>>

コメント

お久し振りです。

ぬどいさん ご無沙汰しています。
とは言っても PCを立ち上げれば「イカれた~洪水」をチェックしますが、最近はその条件反射も・・・。

「ソニー・シモンズ」ご指摘の通り昔のフリージャズ時代の作品しか聴けていません。 まだ現役だったとは(失礼)、良く煮込んだおでんのような横顔のジャケを見ながら、ストリングスを配した(よくやる手法?またもや失礼)音を想像しています。

ぬどいさん 何かいろいろ大変なご様子ですが、相変わらず聴き捲くっている様で、少し安心しました。
人間(ぬどいさん)聴けなくなったら終わりですもんね。(一般には「人間食べられなくなったら終わりですもんね。」ですが)

現在、ストリックランド、アヴィシャイ・コーエン、エリカ・バデゥー、ミシェル・ンデゲオチェロなどを節操なく聴きながら、全国的に連休なのに自宅で仕事しています。(泣)
音楽の内容に言及できない、くだらないコメントにて失礼しました。
  1. 2009/09/21(月) 08:07:59 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

長らく放置しまして申し訳ないです。

sheppさん、コメント有難うございました。

めっきりとブログの更新が止まってしまいまして申し訳ございません。

>PCを立ち上げれば「イカれた~洪水」をチェックしますが、

こんなにありがたいお言葉を頂戴しているのにこの体たらくで本当に恐縮です。色々とゴタゴタがあってちょっとした修羅場ですが、以前よりはだいぶ落ち着いてきました。多くは自分自身のことではなかったのですが、今年ついに私も健康診断で引っ掛かりましてかなり萎えています(笑)。厄年は過ぎたはずなんですがねぇ・・・。

>まだ現役だったとは(失礼)、

今年76歳になられたようです。途中のブランクが長いアーティストですが、1990年以降は比較的コンスタントに録音しているようで、近年ではヨーロッパでの録音が多く見受けられますね。でも日本では話題にもならないようです。個人的に目ざとく見つけてささやかながら愛でています(笑)。2007年以降新譜の便りが無いのが少し気になっていますが。

自分から音楽をとったら何も残らないので、以前より時間が取りにくいとは云えジャズを中心に相変わらず聴きまくっています。sheppさんも色々楽しまれているようですね。ミシェル・ンデゲオチェロいいですね!カッチョいいオナゴです。世はシルバーウィーク(この名称に凄く違和感があります)だというのにお仕事ですか。大変でしょうが頑張ってください。私はといえば自分優先の予定を入れることが出来ないので連休中は家でマッタリしております(笑)。
  1. 2009/09/21(月) 14:43:49 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

こんばんは

ぬどいさん、こんばんは。

相変わらず貪欲にジャズを聴いておられるようで、少し安心しました。
ソニー・シモンズですか。
「Ancient Ritual」以外は聴いたことがないなあ。
フリー系は最近ご無沙汰してますので、そろそろ(未知なるミュージシャンを)開拓しようと思う今日この頃です。

ではでは。
  1. 2009/09/22(火) 20:51:11 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

緩い間隔の更新で失礼しております。

nanmo2さん、こんばんは。いつもながらご無沙汰しており大変恐縮です。

>相変わらず貪欲にジャズを聴いておられるようで、少し安心しました。

はい。量的にも全く減っておりません(笑)。まったくの余談ですが、昨日墓参りに出かけた帰りしなに都心に出たのですが、アキバの石丸電気の前でCDのワゴンセールがやっていたのを目ざとく見つけてしまいまたもや大量に買い込んでしまいました。旬落ちの新品が1枚500円均一だったのでフリーを含めてかなり仕入れることが出来ました。不意を衝かれて散在する悪いクセがまた出てしまいました(笑)。

ただしブログにおいては、音楽に対して集中が散漫になっているような気がしてなかなか文章に出来ないでいます。しっかりと感情を揺さ振られているはずなのにどうも上手くまとめきれないというか、いざ書き始めてもピントのぼやけた写真のような仕上がりでアップするのに葛藤があります。もうすこし自身が安寧になれれば感触も変わってくるのでしょうかね。

>フリー系は最近ご無沙汰してますので

当方はフリー歴が浅いので、シモンズを含めて未だに興味継続中です。しかし新規開拓という意味に於いては物足らない状態ですねぇ。ひとつのアーティストを知るととことん突き詰めてしまい、なかなか次の一歩が踏み出せません(笑)。興味深いアーティストを発見されましたらブログでお知らせくださいね。
  1. 2009/09/23(水) 01:17:13 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

Mats Eilertsen 来日公演

ダブルベースを弾いているMats Eilertsen が自分のバンドで来日します。9月です。詳細はhttp://invs.exblog.jp/18328745/ まで。
  1. 2012/07/11(水) 10:46:56 |
  2. URL |
  3. Real & True #g/4Bg9DY
  4. [ 編集]

お知らせくださり有難うございます!

マッツ・アイレットセン来日ですか!これはなんとか時間をつくって観に行きたいですね~。お知らせくださり有難うございました!
  1. 2012/07/13(金) 01:58:00 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/917-644becdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mats Eilertsen “SkyDive” 公演 - 北欧ジャズ現在進行形

Real & True Live Series Mats Eilertsen “SkyDive”公演 - 北欧ジャズ現在進行形 - が発表された。以下、転載(一部訂正)する。 ノルウェーのダブルベース・プレイヤー Mats Eilertsen(マッツ・ア
  1. 2012/07/11(水) 10:47:39 |
  2. タダならぬ音楽三昧

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。