イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#900 Amen/Daniel Zamir (Acum-CD)

Daniel Zamir - Amen

1.Chamesh Eysrei
2.Shesh Eysrei
3.Shesh Shminiot
4.Chamesh Madregot Ba Neshama
5.Tesha
6.Shva Eysrei
7.Pishluk
8.Shir Ha Shomer
9.Hasher Hameluna

Daniel Zamir (ss,voice) Omri Mor (p) Omer Avital (b) Daniel Friedman (ds)
Avishai Cohen (tp→only3)

Rec-2006



私的にはベーシストのアヴィシャイ・コーエンの『Gently Disturbed』(Razdaz)とともに、現在のジューイッシュ・ジャズでの至高の作品の一つがコレで、何度聴いても堪らなく魅力的な作品です。ダニエル・ザミールのこのアルバムが各通販ウェブ・ショップにて半年ぶりくらいに再入荷しているようなので、ブログに久々の復帰ながら満を持して取り上げます。ザミールのMySpaceIsrael-Music.comなどでダイジェストが試聴できます。評判の高い作品ですのでたぶん再入荷分の在庫もすぐに無くなるような気がしますが。

香り立つ臭気でクラクラしてしまうほどの雰囲気が最高なイスラエル産のジャズです。ジャケット&曲目&ライナーの殆どがヘブライ語で記されていて、意味が分からずともそれだけでかの地にトリップさせられてしまう勢いです。ジャズと云う大まかな括りでは、この手のものはあくまでも亜流の一種と云う位置づけでしかないのでしょうが、メンバーを見れば判る通りジューイッシュ・ジャズを牽引する猛者たちの演奏で悪かろうはずがありません。強烈な個性が発揮されたジャズとして刮目すべき内容であると断言してしまいます。うーん、素晴らしい。

いわゆるワン・ホーン・カルテットなのですが、冷静になると無理やりジャズにカテゴライズしているような気がして、この言い方はこの作品にはあまり似合わない表現のような感じもします。一曲だけトランペットのアヴィシャイ・コーエンの極上のプレイも拝めます。個人的に思うのは、ペットのアヴィシャイはここのところ自身のリーダー作より客演時のプレイが素晴らしく、ここでのザミールとの演奏も楽曲の良さとともにかなり胸に迫ってきます。

「哀愁」と云う表現が必ずしも適切でないことは自覚しますが、ザミールの醸すソプラノは駄耳の東洋人の当方にはそんな陳腐な単語しか思いつきません。それを十二分に増幅させるサイドのミュージシャンの仕事の素晴らしさ。特にピアノ(名前が読めない・・・)は魂をむんずと掴んで離してくれません。何故にココまで沁み入ってくるのだろう。オマー・アヴィタルやダニエル・フリードマンのキレも抜群で、いつ聴いても感動でプルプルしてしまいます。嗚呼、素晴らしい。

ちなみにザミールには既に『One』(Acum)と云う新譜が今年(2009年)にリリースされているようなのですが、ダイジェストを聴いてみた範囲ではジャズ的な要素は僅かに感じられ、ジャズ好きとしてはこのアルバムに比して訴求力は低いように思われます。上記のリンク先で聴けるのでお試しあれ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/06/18(木) 18:18:16|
  2. Soprano Sax, Baritone Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#901 Shine!/J.D. Allen Trio (Sunnyside-CD) | ホーム | #899 Ancestral Devotion/Lonnie Plaxico Group (Plaxmusic-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/918-bc921d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。