イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#88 Lament for Booker Ervin (Enja)

Booker Ervin


A
1.Blues for You

B
1.Blues for You (cont.)
2.Lament for Booker

Booker Ervin (ts) Kenny Drew (p) Nils-Henning Orsted Pedersen (b)
Alan Dawson (ds) Horace Parlan (p→onlyB-2)

Rec-1965,1975



思わずご苦労様と声をかけたくなってしまう、ブッカー・アーヴィン渾身の吹きまくり作品。A面~B-1へと続く計27分42秒のとてつもないブロウをお腹一杯になるまで味わえます。1965年、ベルリン・ジャズ・フェスの実況盤です。感想はスゲェ!の一言。1曲ほぼブッカー・アーヴィンがソロをとっており、それこそ血管が切れるんじゃないかと思わせるプレイが充満しております。この人に丁度良い塩梅というのは通用しないようです。感心するか、辟易するかはそれぞれですが単純な小生は『スゲェ!』と思ってしまうのです。思わず笑ってしまうほどです。

彼の死の5年後の1975年、このライヴからは約10年後になりますが、B-2には盟友ホレス・パーランの彼に捧げるソロ・ピアノがナレーションとともに収録されています。



余談:真夜中何気なくテレビをザッピングしていたら、フジテレビでロン・カーターがナビゲートするジャズ番組が!ジャズの歴史を解りやすく辿っていく形で貴重な映像も取り入れて編集されている。範囲はジャズ黎明期~モード(60年代)あたりまでだろうか。〆にはロン・カーの演奏も。何故かナレーションを中島美嘉がやっている。コレは関東ローカルなの??ド深夜に軽く興奮してしまった^^;

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/18(木) 00:03:21|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#89 Jazz a Confronto (28)/The Paris Quartet (Horo) | ホーム | #87 Blossom Dearie Sings Rootin' Songs (Daffodil)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/92-2c17bf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。