イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#909 Andreas Oberg Invites Yorgui Loeffler & Ritary Gaguenetti (Hot Club-CD)

Andres Oberg - Y. Loeffler & R. Gaguenetti

1.Coquette
2.Move
3.Bei Dir War es Immer so Schon
4.La Promenade
5.Blue Drag
6.Bossa Andreas
7.I Love You
8.Miro Latcho Tchavo
9.Pent-Up House
10.Swing for My Son
11.Django's Waltz
12.Blues for Bireli

Andreas Oberg (g) Yorgui Loeffler (g) Ritary Gaguenetti (g) Svein Aarbostad (b)

Rec-2003



スウェーデンのギタリストであるアンドレアス・エーベルグのアルバムは、既にリーダー作4枚全てを聴いているのですが、どの作品も彼のギターの巧さが際立っていてインパクトがあります。本当にこの人のギターは凄い。あまりのテクニックに逆にやり過ぎじゃないかと云った意見も出てきそうで、意外と好みが分かれてしまうのではないかと余計な心配までしてしまいます。正確無比なピッキングに度肝を抜かれ、怒涛の高速フレーズを繰り出したかと思えば、ブルージーなプレイやバラッドもお手のもの。そして強烈なジプシー・ギターも披露します。

彼のデビュー作になるこの作品は個人的に大好きで、そのジプシー・ギターにスポットを当てた濃厚な作品です。若手3人のギタリストの競演といった様相ですが、不勉強なものでアンドレアス・エーベルグ以外のアーティストを知りませんでした。アンドレアスは1978年生まれなのでこの記事を書いている時点で31歳、このアルバムの収録時は26歳の頃です。他の二人ともほぼ同年代で、ヨルギ・ロフラー(と読むのか?)は1979年のフランス生まれ、対するリタリー(姓が読めん・・・)は1978年のやはりフランス生まれだそうです。ヨルギもリタリーも既に複数のアルバムを発表していて、二人ともジプシー・ギター界を牽引するホープのようです。ジプシー・ギターと云えば、何とかの一つ覚え宜しくジャンゴ・ラインハルトぐらいしか連想できない当方ですが、他にも沢山の若手が活躍していて、且つしっかりとしたムーヴメントが現在も存在していたことを改めて認識させられました。

その3人が各々のテクニックを駆使し、ゴリゴリと掻き毟られるガッド・ギターでこれでもかと攻めてきます。そのハーモニーは何ともノスタルジックなものを感じさせるのですが、伝統に即しながらもアンサンブルの妙味で深みが倍化します。ドラムレスですが、それを感じさせない厚みが3本のギターによって表現されており、ベース・ラインの上を跳ね回る3人の味わいは格別です。ギターのカッティングの音に敏感に反応する小生にはやはり堪らない魅力があります。センター・チャンネルがアンドレアス、ライトがヨルギ、レフトがリタリーと、サウンドが分かれて襲ってきますが、当方の骨董システムではイマイチよく判りません。でもそんなことがどうでもよくなってしまうほど音楽の力に惹き込まれるというのが正直な感想でした。

色々なタイプのジャズを常日頃から摂取したいと考えてはおりますが、こういったサウンドを聴くことも日々の楽しみに変化がついてなかなか好いものです。コレを聴いていて現在進行形のジプシー・ジャズにもさらに首を突っ込んでみたくなりました。ただでさえ聴きたいものがいっぱいあるのに、これ以上興味を持つとさらに収拾がつかなくなってしまいそうですが・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/11/29(日) 02:36:17|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#910 One/Daniel Zamir (Acum-CD) | ホーム | #908 Behind the Clouds/Martin Brunner Trio (Arta-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/924-a7c1f5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。