イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#910 One/Daniel Zamir (Acum-CD)

Daniel Zamir - One

1.Suite in Four Parts for Israeli POW Gilad Shalit in A Minor - Part 1
2.Suite in Four Parts for Israeli POW Gilad Shalit in A Minor - Part 2
3.Suite in Four Parts for Israeli POW Gilad Shalit in A Minor - Part 3
4.Suite in Four Parts for Israeli POW Gilad Shalit in A Minor - Part 4
5.Thirty One
6.Hatikvah - An Interpretation on Israel's National Anthem
7.Shdemati
8.Shdemati - Radio Version

Daniel Zamir (ss,vo) Jonathan Albalak (g) Nitay Hershkowitz (p)
Noam Wisenberg (b) Daniel Dor (ds) Berri Sacharoff (g,vo→only7,8)
Zohar Fresci (ds,perc→only7,8)

Rec-Unknown



PCのご機嫌がここのところ安定しているので、こうやって顔を出せる機会が多くなってきました。今日はこんなものを聴いていました。

この作品にかなりの比重でヴォーカルが入っていることは、いわゆる日本の量販店がこのCDの扱いを始める前から、israel musicのサイトでMP3が公開されていたので理解していました。イスラエルのダニエル・ザミールの近作は、当然ジャズ・ヴォーカルという範疇のものではなく、パッと聴いただけで、かの地の匂いが感じられるような、いわば宗教的とも云えるような呪術性を持った作品であるので、手を出そうかどうか迷ったことは事実です。入手するにあたり本音を云えば、手に入れにくくなる前に押さえておこうといった動機のほうが強かったのかもしれません。でも、2006年にリリースされた『Amen』(Acum)の素晴らしさは圧倒的であったので、当方にとって彼の資質が揺らぐことはありませんし、このアルバムよりもずっとジャズ寄りではありますが、ベースのアヴィシャイ・コーエンが今年発表している、やはりイスラエル色豊かなヴォーカル・アルバムも充分楽しめましたし。というわけで、今夏の発売時にすぐに手に入れたのですが、未だ在庫はあるようです。ジャズ好きにはなかなか訴求し難いモノのようで・・・。

いやぁ、しかしこれはまた凄いですな。何と表現したらいいのか、ちょっと考えてみたら『酔う』というフレーズが浮かんできました。声に『酔う』と云えばいいのか。もちろん悪い意味で云っているわけではありません。そしてひたすらユダヤの雰囲気が満点です。当然ながらザミールのソプラノにも『酔い』ます。これがまた強烈な節回しが満載です。ジャンルなどには執着しない当方ですが、やはり「ジャズ」というよりも「ワールド・ミュージック」と断言したほうが、興味を持たれる方にとっては親切な説明になるのかもしれません。そもそもザミールは同様のヴォーカル作品を多数リリースしているし、コチラを本職と見るほうが自然のことなのかも。前半はアザーンを彷彿とさせる存在感のあるヴォーカルの組曲で、中盤以降にジャズ的な要素も含んだエネルギッシュなインストが現れます。全体のコンセプトはブレずに筋が通っていて、ひらすらスパイシーなサウンドが横溢しています。繰り出されるフレーズが耳に焼き付いて離れず、その表現力の豊かさや確かな演奏には圧倒されっぱなしです。クレズマーを育む土壌からか、イスラエルにはクラリネットなどのリード楽器の名手が沢山いて興味が尽きません。

ちなみにこのCDは殆どがヘブライ語の表記で、門外漢の当方には何が書かれているのか全く不明です。またCDケースの見開きやジャケットの収納などが日本や欧米とはまったく逆なので、極東オヤジの私としては出し入れ時にえらい違和感があったりします。コレは文字を右から左に表記していくヘブライ語の特性から来ているのでしょうね。そういえばアラビア文字も同じなので、やはり同様の使用になっているのでしょうか?手元に当該のCDが無いので何とも言えませんが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/12/01(火) 02:18:05|
  2. Soprano Sax, Baritone Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#911 Everness/Rocio Faks (Fresh Sound World Jazz-CD) | ホーム | #909 Andreas Oberg Invites Yorgui Loeffler & Ritary Gaguenetti (Hot Club-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/925-2969924a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。