イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#934 At Home/Avishai Cohen Trio & Ensemble (Razdaz-CD)

Avishai Cohen - At Home

1.Feediop
2.Madrid
3.Leh-Lah
4.Remembering
5.Renoufs Last Tooth
6.Gershon Beat
7.No Words
8.Punk (DJN)
9.Meditterranean Sun
10.Saba
11.Toledo

1
Avishai Cohen (b) Yosvany Terry (ss) Barsh (el-p) Mark Guiliana (ds)

2
Avishai Cohen (b) Anne Drummond (fl,alto-fl) Diego Urcola (fl-h) Barsh (p)
Mark Guiliana (ds,perc) Tomer Tzur (perc)

3
Avishai Cohen (b,vo) Yosvany Terry (chekere,vo) Barsh (p,el-p,vo) Mark Guiliana (ds,vo)
Anne Drummond (vo)

4
Avishai Cohen (b) Barsh (p) Mark Guiliana (cymbals)

5
Avishai Cohen (b) Barsh (p,el-p,org) Mark Guiliana (ds,perc)

6
Avishai Cohen (b) Anne Drummond (alto-fl) Diego Urcola (fl-h) Yosvany Terry (as)
Jeff Ballard (perc)

7,8,11
Avishai Cohen (b) Barsh (p) Mark Guiliana (ds)

9
Avishai Cohen (b) Anne Drummond (alto-fl) Diego Urcola (fl-h) Yosvany Terry (perc)
Mark Guiliana (perc)

10
Avishai Cohen (el-b) Yosvany Terry (ss) Barsh (hammond-B3) Mark Guiliana (ds)

Rec-2004



メタボ化してきましたが無類のスポーツ好きで、楽器も出来ずジャズの知識も不足していますが音楽好きです。この時期はどうやって時間を遣り繰りしようか悩ましい状態です。結局寝る時間が減るのですが、一日ボーッとしたままで過ごす訳にもいかないので困りものです。ここのところ必然的にオリンピック中心となってしまい音楽に割く時間が減ってきました。ただでさえ新譜が鬼のように届いているのに聴くことに相変わらずモタモタしています。

なのでずいぶん前の話で恐縮なのですが、またもやお茶を濁します。昨年の彼岸の頃だったか墓参りを済ませた帰りしなにわざわざ都心経由で自宅に戻りました(ハッキリ言って相当遠回りです)。その時に意識的に秋葉原の石丸電気の前を歩いたのですが、見事に捕まり予定外の散財をしてしまいました。未開封新品の旧譜が500円均一で店頭にてワゴンセールされていたのです。なにやらジャズとクラシックだけの品揃えで7台ほどのワゴンが並んでいて、こちらとしてもいわゆる権利の切れたインディーズのオムニバス程度のものだろうと、冷やかし程度のつもりで期待をせずに覗いてみたのが運のつき(?)、題記のアルバムをはじめデヴィッド・マレイ、ティグラン・ハマシアン、ホーコン・コーンスタ、イーサン・アイヴァーソン、ウルフ・ワケニウス、マリア・カンネゴール、アンソニー・ブラクストン、ホーヴァル・ヴィーク(祝!アトミック再来日決定!)、その他(輸入盤の日本人のアルバムもあり喜んで買ったのですが、さすがに名前を書くのは憚られます。)もろもろ合計15枚の購入と相成りました。高を括っていただけにインパクトが大きく、ネットで新品を引っ張ろうとしていたアルバム(今日のコレもそう)も数枚あったので思わず鼻血が出そうになりました。いやぁ、東京は素晴らしい!羨ましいぞ!となったのですが、こんな調子ではすぐに破産が見えているので、やっぱり田舎で引っ込んでいたほうが身の為かもしれませんな。

ベーシストのアヴィシャイ・コーエンのアルバムは、手に入る限り全て聴いてやろうと思っていたので見つけた時はとても嬉しく、この作品も彼の出自が色濃く現れた好いアルバムでした。リーダーのアヴィシャイのみならず、ココに参加しているドラマーのマーク・ジュリアーナが大好きなのです。ジュリアーナはアヴィシャイのかなりのアルバムでドラムを叩いています。昨日(18日)から東京で来日公演が行われているウェイン・クランツと演っている →コレ(YouTubeのリンクがあります)← なんかは完全にイッてしまっていて最高です。またミシェル・ンデゲオチェロなどとも演っていて、その人脈を探っていると興味深くてなかなか面白いです。まぁ、それらはこのアルバムとは全く違うアプローチであるのですが、ジューイッシュ・ジャズの極致と個人的に思っているアヴィシャイのグループでも堅実なサポート振りでいつも感心しています。

アヴィシャイ・コーエンのアルバムに関しては最近のものから遡って聴いている状態であるので、この作品などは近作と比べればツッパリ具合がどちらかといえばおとなしめに感じられるのですが、アヴィシャイの意図は全く揺るぎ無くここでも明確に開陳されています。音の節々から滲み出る哀愁を漂わせるメロディはやはり健在で、このコンセプトに弱い自分は諸手を挙げて喜びます。アヴィシャイ・コーエン&サム・バーシュ&マーク・ジュリアーナのピアノ・トリオを軸に、曲ごとに管やパーカッションを加え、サム・バーシュもピアノのみならずエレピやオルガンなどでその世界を装飾していきます。3曲目のようなヴォーカル・トラックも交えているのは、近作のヴォーカルを中心に据えたアルバムとも云える "Aurora"(Blue Note) への布石にも感じられます。しかしながらアヴィシャイのペンに依るスパイシーな楽曲群は、金のかからないミドル・イーストへのトリップを可能にさせてくれますねぇ。

と、スポーツ観戦の中休みにこの作品を今日は聴いていたのでした。え?新譜を聴け?失礼致しました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/19(金) 03:51:51|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#935 Mwaliko/Lionel Loueke (Blue Note-CD) | ホーム | #933 Jo & Co/Anna Maria Jopek (Universal Music Polska-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/941-567c6dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。