イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#939 Bronze/Walter Smith III - Mark Small (Fresh Sound New Talent-CD)

Walter Smith III, Mark Small - Bronze

1.Mint Condition
2.The Crawler
3.ESPN
4.8 Bars
5.Happy Song
6.New Bossa
7.Fragile
8.Small Spaces
9.Go for Broke

Walter Smith III (ts) Mark Small (ts,as,ss) Matt Stevens (g) Alan Hampton (b→only1,5,6,7)
Chris Van Voorst Van Beest (b→only2,3,4,8,9) Bill Campbell (ds)

Rec-2007



少し前に到着していたデイヴ・ホランドの "Pathways"(Dare2 Records) が、己の死にかけているPCにリッピング出来なくて orz だったオヤジでございます。はい、いきなり年甲斐のない文章で失礼致します。しかも聴いていてライブ盤であったことを初めて知る始末。いかに手当たり次第に手を出しているのかが判ろうというモノ。ここのところ当方のポンコツPCとの相性が良くないメディアがいよいよ増えてきたので、早くPCを新調したい今日この頃。でもその前にCDを買いすぎなんだよなぁ。ついでに馬鹿をもう一つ披露すると、手元に来たCDが3月だけ(実質3週間とちょっと)で既に50枚を超えました。新譜も旧譜もごちゃ混ぜですが、アウトレットものもあれども一応全て新品ばかり。しかしながらどうやって聴くんだよこの量を。トータルでは年が明けてから既に100枚も超えており、我ながらかなり病気ですな。そんな状態ながら未だに今後の新譜をくまなくチェックしています。その中にウォルター・スミスのニュー・アルバム、"Live in Paris"(Space Time) リリースのアナウンスが少し前にありました。メンツも最高でやっぱりすぐに抑えちゃいましたが、コレはいつ頃のライブ音源なのでしょうかね?詳細がイマイチ見え難かったりします。そんな訳で、直近では一番新しいこの作品を聴き直しておりました。

今度出るライブ盤では、「ウォルター・スミスはライブ向けのアーティストである」との惹句が踊っていましたが、スタジオ録音であるこのアルバムに関しては今ひとつ熱気を感じられなかったのでそれほど入り込まずにいたと云うのが正直なところです。が、冷静に受け取ればいかにもこのレーベルらしいサウンドでもあるなぁと、自分の中では少しずつ受け入れる態勢が整ってきたような感じです。日頃からパワフルなサウンドばかり好んで浴びている自分としては、このアルバムに関してはどちらかといえば低温度といった印象を持ちがちになるのですが、よくよく聴けばその中に動きの多い自分好みの曲(3曲目や8曲目など)も隠れていたりするので、手に取る回数はこれからもそこそこ出てきそうな感じです。

サックスの二管フロントを据えたギター・トリオといったような陣容ですが、前述の通り攻撃的なものではなくアンサンブルに軸をおいた演奏になっている様な感じがします。ウォルター・スミスのテナーにマーク・スモールが曲ごとに三種のサックスを持ち替え、ふっくらと且つウネウネと個性を発揮しています。総じて型に嵌め難い楽曲が多めで、トラックによっては多少の怪しさも醸し出しながら進行していきます。そしてもう一人の要になるのがギターのマット(マシュー)・スティーヴンス。この方はクリスチャン・スコットのグループで活躍するギタリスト。先日リリースされた新譜でもこの作品とは一味違う存在感を魅せてくれました。それと二人のベーシストがクレジットされていて、ほぼ同等の配分で参加していますが、互いになかなかの強力なプレイでしっかりとした存在感です。

前述のように動きのある上記の2曲が好みですが、何度も繰り返し聴いているとその流れの中に挟まっていたボッサ・テイストの5曲目がかなり好い味を出していることに気がつきました。といってもジャズ的な要素が色濃く出ており且つ現代的な解釈であるので、ラストの盛り上がり方などにもワクワクさせられます。マット・スティーヴンスの爪弾かれるギターが好い雰囲気で、好みのトラックに昇格です。

はてさて来月出る予定のライブ盤はアーロン・ゴールドバーグのピアノ入りであり、トランペッターのアンブローズ・アーキンムシーレイとの二管クインテットなのですが、どのような変化を見せてくれるのかとても楽しみですねぇ。個人的にはドラムのマーカス・ギルモアにかなり注目しております。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/24(水) 03:55:38|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#940 Caught in the Light of Day/Ivo Neame (Edition Records-CD) | ホーム | #938 Reflections/Kurt Rosenwinkel Standards Trio (Word of Mouth-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/951-07958dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。