イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#931 Wise One/Bobby Hutcherson (Kind of Blue-CD)

Bobby Hutcherson - Wise One

1.Wise One
2.Like Sonny
3.Aisha
4.Equinox
5.All or Nothing at All
6.Nancy (With the Laughing Face)
7.Spiritual
8.Out of This World
9.Dear Lord

Bobby Hutcherson (vib) Joe Gilman (p) Anthony Wilson (g) Glenn Richman (b)
Eddie Marshall (ds)

Rec-2009



前回取り上げたマイク・ジャニシュのアルバムを聴いていたら、しっかりと曲の髄が出たヴィヴラフォンが聴きたくなったので今日はこんなアルバムをチョイスしました。日々届く新鮮なアルバムを横目に見ながら少し前に出ている作品を振り返ることも忘れません。これもリリースされてから既に3ヶ月ほど経ったでしょうか。

前作 "For Sentimental Reasons"(Kind of Blue) からはメンバーを完全に入れ替え、カルテットからさらにギターを加えたクインテットとして3年ぶりに大御所ハッチャーソンが帰ってきました。60年代のブルーノート時代の彼のサウンドは鋭利にトンがっていて、ヒリヒリするくらいにシリアスなアルバムを立て続けに発表していましたがそれも過去の話、現在はまさに円熟の境地、音からも「まろみ」を感じさせます。前作はハート・ウォーミングな穏やかさを感じさせる音色が横溢していて、当方のささくれ立った感情を鎮静するのに大変効果のあるアルバムで日頃から愛聴しておりましたが、今回は前作と比較すると少し雰囲気が変わったようです。メンバーや編成が変われば印象に違いが出てくることは理解できるのですが、どうやら基本的にアルバム・コンセプトから相違があることが感じられます。常日頃からそれこそ「トンがったジャズ」が大好きな自分であるので、ここのところ購入しているものもその路線が多いのですが、そんなトンガリ親父にも前作のハッチャーソンは心の安寧を与えてくれました。彼自身がもはや60年代のサウンドを踏襲するようなことはないでしょうが、このアルバムの若干の雰囲気の違いは取り上げられた素材から来ていることに気づくのには時間が掛かりませんでした。

アルバムのタイトルで前もって把握はしていましたが、ここまでコルトレーンの曲を前面に出していたとは思いが至りませんでした。全9曲のうち5曲(1,2,4,7,9)でコルトレーンの楽曲が取り上げられています。しかも3曲目にはマッコイ・タイナーまで。もちろん現在のハッチャーソンのフレーヴァーで料理されているので当時の空気とは似て非なるものですが、当方の頭の回路は単純に出来ているので曲名を聞いただけですぐにあの時代のサウンドが湧いてきます。ましてや同年代にブルーノートで存在を示したハッチャーソンであるので脳内で変なシンクロを起こし、聴く前から勝手な誤変換をして白子脳がプスプスと音をたてます。何のことは無い、出てくる音を素直に吸収するだけでいいのにいらぬことをする、我ながら全く疲れる男であります。

今作のクインテットは不勉強なことに御大以外のサイドメンに殆ど馴染みがありませんが、ギターが加わったことによってさらなるコクが出ているように感じました。コルトレーンの楽曲には当然のことながらその独特の芳香があり、特に1曲目や7曲目などは荘厳さを漂わせてニヤリとさせられます。シンプルな響きながらもエモーショナルなハッチャーソンのヴァイヴはいつものように高尚で、アンソニー・ウィルソンのシングル・トーンが楽曲の輪郭を浮かび上がらせます。ジョー・ギルマンのピアノは煌びやかさも兼ね備え、リズムの二人は必要以上の装飾を排除した堅実さでサポートします。現在のスタイルから見ても、ハッチャーソンがことさらソロを強調したりとか他のメンバーが個を全面に突出させるような演奏ではなく、やはり彼らの醸すトータル・サウンドに身を任せて楽しむのが本筋ではないかと考えます。オリジナルを取り上げている訳では無いので既知のトラックが多く、さすがの駄耳でもトレースが容易でそれなりに理解度が深まった感じを抱きました。自信過剰かしらん?

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/09(火) 01:31:50|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#932 Riitta Paakki Trio (Impala-CD) | ホーム | #930 Purpose Built/Michael Janisch (Whirlwind-CD)>>

コメント

こんばんは

ぬどいさん、こんばんは。

普段ヴィブラフォンはあまり聴かないのですが、これは選曲が良くて食指が動きますね。
特に最近のヴィブラフォン奏者はさっぱり分からず、
テリー・ギブスで思考が停止したまま。 (笑)
ぬどいさんの情報、頼りにしてますよ。 (^_^)v

ではでは。
  1. 2010/02/11(木) 22:12:17 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

オススメとなるかどうか判りませんが・・・。

nanmo2さん、こんばんは。

そもそもヴァイヴ奏者のアルバムが全体的に見ればそんなにありませんよねぇ。そんな中、大御所の健在ぶりはジャズ聴きにとっては嬉しいものがあります。

つい最近ではジョー・ロックが男性ヴォーカリストをフィーチュアしたアルバムをリリースしていて、なかなか面白い作品でした。あとは正統派のスティーヴ・ネルソンとか、個性派(?)のジェイソン・アダシェヴィッツとか、触れ幅の大きいアーティストが好みならステフォン・ハリスとか。ゲイリー・バートンやマイク・マイニエリなどのベテランも継続して好いアルバムを出してくれています。

まずはYouTubeあたりでチェックしてみて下さい(笑)。
  1. 2010/02/11(木) 23:54:34 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/956-bf9c9054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。