イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#949 Loco Motif/Magnus Hjorth Trio (Calibrated-CD)

Magnus Hjorth - Loco Motif

1.Loco Motif
2.The Locksmith
3.Moscow Nights
4.Between Two Moods
5.The Pattern Maker
6.Go East
7.Cantankerous
8.7 Reasons 4 Separation
9.T.N.T

Magnus Hjorth (p) Petter Eldh (double-b) Snorre Kirk (ds)

Rec-2006



いやぁ、我ながら酷過ぎる。つくづく物事を両立させるということが苦手な人間であることを自覚しました。ツイッターを三週間ほど前から始めてみたのですが思いのほか自分向きであるということに気づき、「RT」とか「QT」とか未だによく理解していませんが、こちらのブログを放ったらかして、それほどの頻度ではないとは云えあちらではデイリーでゴニョゴニョやっておりました。無意味なすかしっ屁のように放たれた己の駄文が、ほかの方のツイートの海にあっという間に消えていく(否、実際は消えやしないけれど・・・)のが思いのほか気持ちよく、自分の中では一応何とか形にしなければと試みていたココのブログのハードルが一段と高くなってしまいました。何せ今日取り上げている素材は半月以上前にアップするつもりであったのにこの体たらく。そろそろ寝かせすぎて発酵しかけているのでいい加減にしておきましょう。アチラさんは意外にも今後の士気に影響しかねないツールになりそうな気が・・・。

行きたいなぁと思っていたマグナス・ヨルトのライブ。ツアー終了からもうかなり経ってしまいました。今月13日の京都公演を皮切りに横浜(14日)新宿(15日)吉祥寺(17日)と4日間のツアーが行われました。もちろんまだ彼のライブに足を運んだことはありません。新譜を追いかけている方はご存知でしょうが、昨年に来日したときのライブ音源 "Someday. Live in Japan"(Cloud) が3ヶ月とちょっと前にCD化されています。今回も同様のメンバー(ベースにペーター・エルド、ドラムスに池長一美氏)でのステージで、このアルバムの発売を記念しての来日公演という意味合いがあったようです。良い演奏だったということをピットインのツイートで確認し悶絶していたので悔し紛れにこのアルバムを繰り返し聴いていました。自分の場合はこの作品以外を未だに聴けていませんので彼がどのように進化しているのかが気になっていたのです。しかも生で観れたチャンス。毎度愚痴を垂れますが、せめて日帰りが出来る距離なら無理しても融通をつけるものの、翌日の早くに用事があったのと終了後に終電のないいつもの境遇に萎えることは確実なので今回は我慢したのです。そうそう、2009年の招聘時の模様が夢枕獏さんのブログの記事にありました。→コレ←と→コレ←。そしてCloudレーベルのブログ→コレ←には今年のツアーでの詳細なカットと帰国後の感想まで載っていました。うーん、ますます行きたかったと後悔が・・・。

このアルバムは彼のファーストになると思うのですが、ウェブ上では2009年の "Old New Borrowed Blue"(Stunt) がデビュー作である旨の記事も散見されますねぇ。・・・ってそんなことを書いているうちに、くだんの二作品もポチッとオーダーしてしまいましたよ。到着したら聴き比べてみますが、そうさせてしまうような威力がこの "Loco Motif" にはしっかり備わっていて、凛とした空気感を持つクールさとハードなタッチも併せ持つ演奏で時々取り出して聴いてしまいたくなる好盤です。

すべての曲をメンバーのオリジナルで占めていますが、芯の通った引き締まった楽曲群は溌剌としたパワーを秘めています。自分の偏向的趣向からエッジの立ったアグレッシヴさを伴う曲にやはり惹かれてしまいますが、このアルバムの中では1曲目とラストに入れ込んでおり、特にラストの9曲目がビンビンで極私的白眉トラックであります。とにかく切れ味の良いピアノで音の一粒一粒の泡立ちが素晴らしく、アルバム・トータルで見ても時にセンシティブであり時にスリリングであります。この力量を前にオッサンは平伏してしまいました。ペーター・エルドのベースもピアノとよく絡み、薫り高く響くラインは聴き所も多くて好いですね。そしてこのアルバムのドラマーはレギュラー・メンバーのスノーレ・カークですが、三位一体の見事なグルーヴを演出していて惹き込まれます。マグナス・ヨルトはスウェーデン人だそうですが、彼の活動の拠点としているデンマークのプレイヤーの水準の高さも実感させる一枚と云えるでしょう。次作は敬愛するガーシュイン集とのことで、ストリングスの入った作品になるようでコレもまた新たな一面を魅せてくれそうです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/31(月) 05:23:19|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<#950 In a Dream/Gretchen Parlato (ObliqSound-CD) | ホーム | #948 The Right Place/Gaetano Partipilo (EmArcy-CD)>>

コメント

ぬどいさん お久しぶりです。

だいぶ「つぶやき」にハマってしまわれたようで、ブログへの露出度も低くなり心配しておりましたが、その様子を見るにつけ、当方もつぶやきたくなってきました(笑)。
Magnus Hjorthは、去年、立川の極小ライブハウスに出演予定があったので、当方も楽しみにしておりましたが、都合がつかず悔しい思いをしました。では、また。
  1. 2010/06/02(水) 10:30:50 |
  2. URL |
  3. J works #-
  4. [ 編集]

J worksさん、こんばんは。

どうも楽なもの(?)に流れる体質のようで頂けない姿勢ですねぇ。すみません。勝手な主観で恐縮なのですが、一介の趣味人として発言するにはアチラのハードルはブログよりも低く(?)感じられ、意外と居心地が好かったりします(ブログのサイドに発言を晒していますが、人目に付きにくいという理由が自分にとって多分にあります!)。今まで見えにくかった情報なども瞬時に手に入れることが出来ているので、自分にとっては有用なツールになりそうです。強要することではありませんが、モノは試しでやってみるのも好いかと思いますよ(本音は「いらっしゃ~い(笑)」です!)。合わなければ止めちゃうだけですので。

最近はピアノ・トリオを手に取る頻度が個人的に少なくなってきましたが、マグナス・ヨルトを初めて聴いたときには「!」が三つほど出る内容に嬉しくなりました。改めて引っ張ってみた他の旧譜をいま掛けておりますが、やっぱりこの人のスタイルは自分を喜ばせてくれます。それだけにチャンスを逃し続ける境遇に失望しております(笑)。
  1. 2010/06/02(水) 18:36:34 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

古い記事ですが、「ヘレン・スンに萌え・・・」と
記されていることに感動しておじゃましました。

というのは6月22日、ニューヨークでヘレンスンの
トリオ演奏を聴いてきました。
終始ヘレンの1.5mほどの距離で。
  1. 2010/06/25(金) 06:52:05 |
  2. URL |
  3. Jes #d4X6GCCs
  4. [ 編集]

Jesさん、はじめまして。

ほとんど動きの無いブログにコメント下さり大変恐縮です。

ヘレン・スン、ご覧になられたのですね!とても羨ましいです。22日と云えばSmallsでのライブでしょうか?SmallsのHPでライブ演奏が同時中継で楽しめるのですが、日本時間との兼ね合いで都合がつかないことが多くて今回も観ることが出来ませんでした。ヴィセンテ・アーチャーとジャスティン・フォークナーとのトリオでしたから、なおさら素晴らしかったのではないでしょうか。一度でいいからNYで本場のライブを体験してみたいです。
  1. 2010/06/25(金) 20:27:28 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

お礼申し上げます。

ぬどい様 

初めまして

6月13日の京都公演、聴いてきました。
私は池永一美のドラムスが聴きたくて出かけたのですが、
>「!」が三つほど出る内容に嬉しくなりました。~
て言われるのわかります。私もそう思います。
もの凄く素敵なライブでした。
デンマークでのレコーディングが終わり新譜が待ち遠しい今日この頃です。

事後報告で申し訳ないのですが・・・

私は実家のジャズ喫茶の資料作りをしてまして、こちらのブログに行き当たりました。
沢山聴いておられるのに驚き、楽しく拝見してます。
やっとここまで辿り着きました。
店のレコードは古いものが多いのですが、ぬどい様がお聴きになられてものと何枚か重なるものがあり、転機をさせて頂きました。
ありがとうございます。m(__)m




  1. 2010/08/01(日) 08:45:32 |
  2. URL |
  3. meeyan #-
  4. [ 編集]

コメント有難うございます!

meeyanさま、はじめまして。コメント有難うございました。

京都公演をご覧になられたとのこと、とても羨ましいです。自分はなかなか思い通りにライブにも出かけられない環境下であるので、観たくても泣く泣く諦めることばかりです。とても良いライブだったそうで、新作を引っさげての再来日が待たれるところですね。

>沢山聴いておられるのに驚き、楽しく拝見してます。

こちらこそ有難いお言葉を頂戴し場末のこのブログを見つけてくださったこと、心より御礼申し上げます。

当初は所有していたアナログ盤の聴き直しを目的とし、自分なりの感想をしたためるつもりでこのブログを立ち上げました。ですから始めた頃は必然的に音源の古いものばかりがとりあげられていますが、後に現在進行しているジャズの素晴らしさにも目覚め、今では新録を追いかける日々となりました。

>私は実家のジャズ喫茶の資料作りをしてまして、

ご実家がジャズ喫茶とはこれまた羨ましいですね!当方はディキシーからヴォーカル、フリーまでとかなり節操の無い聴き方をしておりますのと、耳の至らなさを標榜しているようなブログでございますので、どの程度参考になったのかが心配でございます。また、なかなか筆が進まずブログの更新すら暗礁に乗り上げている状況でお恥ずかしい限りです。ご期待に応えられたかどうか甚だ疑問ですが、少しでもお役に立てたのであれば幸いでございます。何か不明な点とかございましたらご遠慮なくおっしゃってくださいね。
  1. 2010/08/01(日) 16:34:48 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/960-eec33be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。