イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#937 Son of a Drummer/Jonas Kullhammar Quartet (Moserobie-CD)

Jonas Kullhammar - Son of a Drummer

1.Hitman
2.Stormen
3.Bendiksen
4.Corny Waltz
5.The Rise and Fall of Sour T

Jonas Kulhammar (ts) Torbjorn Gulz (p) Torbjorn Zetterberg (double-b) Jonas Holgersson (ds)

Rec-2005



思うに歳を重ねれば重ねるほど人間も丸くなり、聴くものもまろやかでピュアなものに心打たれるような心境の変化をしていくものであろうと勝手に考えていました。が、オイラの場合はどうだ。年々過激でパワフルで濃厚なヤツを好むようになってしまい、静謐なものから徐々に縁遠くなってきているではないか。否、聴くジャズに垣根を作りたくない当方としては、選り好みをせずに満遍なく手にとっている(=購入している)つもりではあるのですが、トレイに載る銀盤は鼻の穴が広がってしまう血流の早くなるようなものばかり。このアルバムの主もなかなかにゴッついテナーで、曲によってはゴリゴリと押し迫ってきます。したがって彼は自分の現在の趣向に合致する好みのアーティストということになります。選り好みをしないと云ったものの、ここのところなぜか北欧ものを多く取り上げてしまう傾向にあるようで、サウンドの面以外においてもなんだか偏ってきているような気がする。うーむ。

偶然なのか狙っているのか、二人のヨナスと二人のトルビョルンが繰り広げる熱いカルテットです。が、冷静に聴いているとリーダーの主張が強烈であるために、頑張っているサイドが比較的おとなしく感じられてしまうという、駄耳側からの感想ではサイドメンにとっては不本意な状況にも思われます。スウェーデンのテナー奏者でリーダーのヨナス・クルハマー(カルハマー)は、この Moserobie というレーベルの主宰者でもあり、温厚そうな風貌からは予想も付かないタフで太い音塊をブチかますとともに、経営者としても野心的な作品を連発させています。一般的に注目を浴びたのはベント・エゲルブラダのペンによる4曲目が聴きどころのようですが、個人的なこのアルバムの白眉はなんといっても冒頭の「ヒットマン」。タイトルからしてヤッてくれそうですが、実際にヤッちゃってます。驀進するモーダルなバッキングを背にしながら、気合の入った咆哮がこれでもかと繰り出されるサマは最高です。終盤のヨナス・ホルガーソンのドラム・ソロも興奮させてくれます。荒くれるテナーの次に待っている2曲目は、がらっと雰囲気が変わってトルビョルン・グルツの美しいピアノのしらべから入るナンバーですが、徐々に盛り上がり熱くなるのはこのテナー主の性質なのでしょうな。他の曲でもオーソドックスに始まりながら、そのままでは許してくれない展開が広がっていくのは、猛烈サウンド派の当方にとってはワクワク感を味わえる嬉しいアーティストと云えます。モードからフリーまで、何でもござれのパワフル・テナーマンです。

過去に複数の作品が数多くあるアーティストですので徐々に取り寄せて楽しんでいるところですが、限定盤の "The Half Naked Truth"(Moserobie) を入手し損なったことに悶絶しています。これは8枚組みのBOX仕様で900枚限定シリアル・ナンバー入りのCDなのですが、リリースされていたのを知っていながらその値段と単なるベスト集だと勘違いしてスルーしてしまいました。内容は10年間のカルテットの音源で、それも収録されている全てがなんと未発表のものだったとは!1年ほど前のリリースだったので何とか手に入らないだろうかと画策しますが、モノがモノだけに最早お手上げ状態です。あー、失敗した・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/09(火) 04:38:49|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#938 Reflections/Kurt Rosenwinkel Standards Trio (Word of Mouth-CD) | ホーム | #936 Never Forgotten, Always Remembered/The Godforgottens (Clean Feed-CD)>>

コメント

Jonas Kullhammar 参加 The Core 公演

Jonas Kullhammar がノルウエーのバンドThe Core と来日します。10/19日本ツアー、スタートします。http://www.bigstream.co.jp/artist/1104_core/index.html
  1. 2011/10/06(木) 20:31:22 |
  2. URL |
  3. invs #g/4Bg9DY
  4. [ 編集]

お知らせ下さり有難うございます。

invs様、お知らせ下さり有難うございます。

震災で延期されていた公演が、無事開催されることを喜んでいます。
パワフルでスリリングな演奏が一人でも多くの観客に届くといいですね。
KullhammarとThe Coreの融合を楽しみにしております。
  1. 2011/10/08(土) 06:14:45 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/966-1c8c83d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。