イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#940 Caught in the Light of Day/Ivo Neame (Edition Records-CD)

Ivo Neame - Caught in the Light of Day

1.Caught in the Light of Day
2.Birdbrained
3.Quixotic
4.Enigmatic
5.Passing Point
6.Free at Last
7.Pear-shaped

Ivo Neame (p) Jim Hart (vib) Jasper Hoiby (double-b) James Maddren (ds)

Rec-2009



このアルバムのリリースのアナウンスがされた時、どちらかというとその内容よりもジャケットのほうに話題がいっていたような気がしていました。実際のところこのアルバムは、先月刊行されたジャズ批評誌のジャケット・ディスク大賞の12位にランクされていました。ジャケ買いなどをしない当方にとっては、ピアノ・トリオ+ヴァイヴという組み合わせのほうが断然興味深く、その編成からどのようなサウンドを展開しているのかが気になって買ってみようと思い立ち、かれこれ3ヶ月ほど前から聴き続けています。当初は自分が思い描いていたような内容ではなくて少し面食らいましたが、インパクトという意味においては演っているアプローチがかなり斬新で、クセのある楽曲がジワジワと徐々に沁みてきて不思議な魔力に掛かっています。このジャケットのようにほのぼのとした情景や、例えばジャズの王道を往くサウンドをイメージすると肩透かしを食らうでしょう。現代的な解釈でシリアスに迫ってきて、生気横溢したプレイは複雑に耳に絡まってくるような印象的な作品となっています。

Ivo Neame と云う、相変わらずリーダーの名前が読めないといういつものパターンですが、イーヴォ君はどうやらイギリスのピアニストのようです。このアルバムでは彼はピアノに専念していますがなんとサックスもプレイするそうですよ。リーダー作としては、トリオで吹き込まれている "Swirls & Eddies"(Loop) に次ぐ2枚目となるようで、また "Phronesis" という名のユニットのピアノ・トリオ(このアルバムのベーシストでもある Jasper Hoiby が中心となっているトリオで既に2枚の作品があり、うち "Green Delay"(Loop) という昨年に出ている近作にイーヴォがピアニストとして参加、ちなみにもう一枚 "Organic Warfare"(Loop) は近年日本でも人気が出ているマグナス・ヨルト "Magnus Hjorth" がピアノで参加)でもアルバムを出しています。他にもギターも弾く女性ヴォーカリストの "Kaz Simmons" のアルバム等、複数のサイドの仕事があるようです。

カレーライスではないが、「甘口」か「辛口」かと問われれば「辛口」と答えます。否、「やや辛」といったところでしょうか。とにかく楽曲が起っています。素直にトレースすることのできないメロディ。時にキリモミ状に旋回し聴き手を惑わし続けます。そして各々の技量の高さ。イーヴォの大胆且つシリアスなピアノにスリリングなジム・ハートのヴァイヴが絡み、このCDを手に入れた喜びを噛みしめてしまいます。リズムも痛快な仕事振り。特にドラムのジェームス・マッドレンは巧いですねぇ。ビシバシ決まるオカズがカッコ良い。派手さよりも小気味良さが爽快で、ピアノとヴァイヴをこれ以上ないくらいに上手く鼓舞しています。その四者が相俟ってピリピリとした質感のトラックで畳み掛けてくるので、一筋縄でいかないもの好きの自分にとってはこの上ない満足感が得られました。

もうすぐ新譜 "Radio Silence"(Naim) がリリース予定のニール・カウリー "Neil Cowley" もそうですが、イギリスのピアニストは実に個性的でインパクトの強いアーティストを時に見かけるので油断がならないです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/25(木) 04:14:34|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#941 Black Hawk Dance/Scott DuBois (Sunnyside-CD) | ホーム | #939 Bronze/Walter Smith III - Mark Small (Fresh Sound New Talent-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/968-07ed336e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。