イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#941 Black Hawk Dance/Scott DuBois (Sunnyside-CD)

Scott DuBois - Black Hawk Dance

1.Black Hawk Dance
2.Illinois Procession Rain
3.Dust Celebration
4.Isolate
5.River Life
6.Souls
7.Louis Frederic

Scott DuBois (g) Gebhard Ullmann (ts,ss,b-cl) Thomas Morgan (b) Kresten Osgood (ds)

Rec-2009



えーと、先日出たばかりのアルバムです。そして初めて聴くギタリストです。勝手にフランス人だと思い込み、「スコット・デュボワ」と読むのだろうと思っていました。カナで検索すると全く引っ掛からず。よくよく調べてみると「スコット・デュボイス」との表記があり、NYの新鋭ギタリストとの説明がありました。そして今作が彼の4枚目のアルバムということです。個人的にはまだまだ知らないプレイヤーが殆どなので、お近づきになれることを楽しみにしながら色々と探求しています。

そもそも当方の新譜探索は、自分にとっての有名無名は全く関係なくて気になるものを片っ端からリストに入れていきます。そしてアーティストのウェブサイトや通販ショップ、iTunes などで該当アルバムのMP3があるものから優先して試していき、自分の趣向にフィットするものは躊躇なく引っ張ります。コレを遣り過ぎるので既に大量に抱えてしまいとんでもないことになっているのですが、今のところは継続出来ているので破産しない限り暫くはこの状態が続きそうです。

この作品も同様に、彼のウェブサイト(リンクあり)で試し聴きをしてその怪しさ(?)が気になり購入に至ったモノです。はい、怪しいサウンドが出てくるとどうしようもなく落ち着かなくなります。怪しいモノは好奇心を刺激されるので大好物です。今の自分にとって綺麗にまとまっているだけのものは、残念ながら耳を通り過ぎてしまうのです。ところで彼のウェブサイトでは、このアルバムのみならず過去の作品の一部がダイジェストではなく丸々アップロードされているので全て試してみたのですが、どのトラックも独特の雰囲気でますます全貌を捉えたくなります。このアルバムのインフォメーションでひきあいに出されているギタリストがジョン・アバークロンビーというのも納得です。ただこのアルバムを聴いてみてなんとなく解ってきたのは、怪しげな要素を多量に放出しているのはリーダー氏のみならずゲブハルト・ウルマンというドイツのリード奏者に因って醸成されているのではないかということ。そもそもこのアルバムに興味を持つキッカケになったのはバスクラが入っていたことだったのですが、バスクラはもちろんのことテナーもソプラノも時にフリーキーに時に荘厳に表現されるので、作品の持つ独特のカラーはさらに昇華されていきます。アンビエントのように静かに潜行したかと思えば、フリーやアヴァンギャルドの世界に突入するその物腰は柔軟で、一見相反するように感じられますが筋がしっかりと通っているのは聴いていて理解出来ました。

現代音楽的でもあり即興的でもあり、定型にはまらず且つ上記のような展開ですのでかなり聴き手を選びそうなサウンドと云えそうですが、スペイシーなギターに宙を舞うリードが描く世界は、2曲目のような牧歌的な雰囲気や4曲目のような神秘的な表情も魅せ意外と多様でもあります。そしてダークな世界ではひと際シリアスに迫るドラムもカッコいいですね。このあたりの作品はその特性上なかなか話題にならなそうですが、個人的にはかなり面白がって聴いていますので敢えて記事にしてみました。興味のある方は上のリンクからお試し下さい。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/26(金) 04:13:34|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#942 Mirror/Miles Okazaki (Jazz Engine-CD) | ホーム | #940 Caught in the Light of Day/Ivo Neame (Edition Records-CD)>>

コメント

ぬどいさん ごぶさたです。 

ちょっと気になったので、試してみました。
結構そそられるものがありますねぇ。
当方も危険人物としてリストに入れときました。

当方も、Jazzに入る前の名残でしょうか、ギターに関しては、
"いかがわしい" "危険" "ダーティー" "ヤバイ" "怪しい"...........などの
形容詞が付くようなものに惹かれる傾向があります。
何だかほとんど犯罪者につける形容詞みたいですが...............。

それにしても、この怪しい音を聴いているぬどいさんの姿を想像すると
相当怪しい感じがします。(笑)
  1. 2010/03/30(火) 17:55:31 |
  2. URL |
  3. J works #-
  4. [ 編集]

J worksさん、こんばんは。

今になって冷静に考えると、「怪しい」では奏者に対して失礼かもしれませんね。このような雰囲気を指すのに適切な表現は何か判らないのですが、まだ「妖しい」にしたほうが的を射ているのかもしれませんねぇ。

どのようなジャズに対しても均等なスタンスで接しようと心掛けるのですが、どうも最近は何かが引っ掛かってくるものがないと楽しめないようになってきているのは事実なようです。2度3度と手に取ってしまうのはこの手のもので、解決するわけではないものの探究心がくすぐられてしまいます。

>ぬどいさんの姿を想像すると相当怪しい感じがします。(笑)

こちらはまさに怪しいです(笑)。部屋から流れる「妖しい」音楽に揺れているオッサンはかなり気色悪いと思われます(笑)。
  1. 2010/03/30(火) 19:13:01 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

妖しいギタリスト

ぬどいさん、こんばんは。

スコットさん、youtubeに沢山アップしてますね。
確かに怪しいというよりは妖しいような。
サックス奏者との相性は抜群ですなあ。
なんか不思議な雰囲気ですが、「う~~~ん、面白い」といった感じ。

ではでは。
  1. 2010/04/02(金) 23:49:36 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

nanmo2さん、こんばんは。

ホントですね。今回はYouTubeまではチェックしていませんでした。この辺りのアーティストは日本ではまだまだ認知度も少ないでしょうし、馴染みのないギタリストの実際の演奏の映像が観られるというのは昔のことを思えば隔世の感がありますねぇ。イタリアのライブのコレ↓

http://www.youtube.com/watch?v=fw0FKKM54jY

なんかは個人的に好みの音で、激しく攻めてくれていてなかなか見ごたえがあります。

彼のジャズを聴いていると、今のNYのジャズ・ムーヴメントを量るのに適役のようなサウンドを醸しているように思いますねぇ。
  1. 2010/04/03(土) 00:19:11 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/969-c49d0bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。