イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#942 Mirror/Miles Okazaki (Jazz Engine-CD)

Miles Okazaki - Mirror

1.Theme I
2.Spiral
3.Mirror I
4.Howl
5.Invention
6.Theme II
7.Metamorphosis
8.Halfway
9.Momentum
10.Canon
11.Theme III
12.Improvisation
13.Volcano
14.Mirror II
15.Chorale

Miles Okazaki (g,kanjira,computer) David Binney (as→only4,5,6,8,10,13,14,15)
Miguel Zenon (as→only3,7,9) Chris Potter (ts→only12)
Christof Knoche (b-cl,ss,as→5,9,10,15) Jon Flaugher (el-b,double-b)
Dan Weiss (ds,tabla,frame-drum,drum-samples)

Rec-2006



もうかなり前のことになりましたが、先月に出かけたカート・ローゼンウィンケルを観に行くついでにレコ屋も回ってやろうと思い、当日は拙宅を午前中に出ることにしました。この時点で激しい出費を覚悟しています。宝の山を前に欲求を抑えられるはずがありません。結局そのときは15枚を収穫。さすがにヤバイと思ったので新譜は3枚だけに抑え、後は敢えて全て1000円以下のアウトレット品に集中させました。なので思いのほか出費を制限することができたのですが、宿泊費やら交通費やらなんだかんだでやっぱり大量の御足が飛んでいきました。こう言っちゃあなんですが、当方にとって東京はパックリ口を開けて待ち構える魔都であります。術中に嵌りまくりです。

しかしアウトレットといっても自分にとっては欲しいものばかりで、普通に新品で注文しようとしていたものが安価でゴロゴロあるのはワクワクするものです。と同時に、アウトレットに落ちる商品の経緯とそれらをとても欲していた自分を考えるとかなり複雑な心境でもあります。マイナーなもの好きを自認しているので有難いことではあるのですがねぇ。前から欲しかったこのCDは棚の中で面陳(フェイスが出ていること)されていたのですぐに発見。値段を見て思わず小躍りしてしまいました。

日系人ギタリスト、マイルス・オカザキのデビュー・アルバム。イタリアはジャズ・エンジンというレーベルからのリイシュー盤です。以前買ってみたフェレンク・ネメスもライセンス・リイシュー盤だったので、ココはそれを専門にしているレーベルなのでしょうか?このアルバムはもともとは自主制作盤だったようで、やはりジャケットもリニューアルされておりオリジナルは下掲のデザインのようです。

Miles Okazaki - Mirror (Original)

マイルス・オカザキに関しては、近作である "Generations"(Sunnyside) の一部のトラックに参加している女性ヴォーカルと自分との相性がどうしても好くないので、興味深い内容のわりにそちらはあまり入り込むことが出来ていません。自分にとってはこちらのほうが楽しく聴けていて、ギターの心地よさと楽曲の強力さも兼ね備えた嬉しい内容になっています。近作とこのデビュー作の二枚は重複しているメンバーが殆どで、このアルバムには前述の女性ヴォーカリストの変わりにクリス・ポッターが一曲のみですが参加しています。ちなみに彼はジェーン・モンハイトのグループのメンバーで来日経験もあり、ガエターノ・パルティピロとダン・ウェイス(ワイス)というトリオの布陣で挑んだ、"I Like Too Much"(Auand) というエフェクトをカマしたテナー・サックスと渡り合ったなかなか実験的でスリリングな作品も残しています(こういうのもやっぱり好きなのです)。

何度も何度も何度も聴いて理解したのは、マイルス・オカザキのギターのみならず最高であったのがダン・ウェイスのドラム。このドラマーとマイルスは結構な頻度で共演していますが、聴いてみれば息もピッタリでかなり攻めあっています。ダン・ウェイスはつい最近自身のアルバム "Timshel"(Sunnyside) をリリースしていて、これはヤコブ(ジェイコブ)・サックスのピアノとトーマス・モーガンのベースと組んだピアノ・トリオになるのですが、メンバーの特性から全然タイプの違うジャズを演っていました。個人的には今日取り上げたこの作品のほうが断然アグレッシヴで好みです。コンパクトに纏めながらも力強く、変拍子の曲も小気味良くコナすリズムは聴き所が満載です。

ボッサ・テイストあり、カッティングあり、ワイルドに歪むエフェクトありとコンテンポラリーなマイルス・オカザキのギターは変幻自在で、そのスタイルの幅広さはサイドで参加しているアルバムを含めここでも実証をされているようです。そこに乗るのが曲ごとに入れ替わるデヴィッド・ビニーとミゲル・セノーン(ゼノン)、クリス・ポッターとクリストフ・ノッチというフロント陣で、クールにしっとりと唱わせたかと思えば攻めに転じる場面も多々あって気合の入った演奏が繰り広げられています。各々のプレイは引き立っていて、アルトやテナーのみならずソプラノやバスクラまで飛び出すバラエティ豊かなサウンドは聴いていて飽きることがありません。軽快さを伴いながらも複雑に入り組んだ個性的なトラックが目白押しですが、難解さを露骨に感じさせることのない技量は清々しさすら漂います。

ちなみにこのCDの扉を開けば佇むマイルスがお出迎えするのですが、ワイルドな風貌でなかなかの男前であります。天賦の才能に伊達男とくれば、凡人のオヤジの僻みはマックスとなって炸裂するってなモンです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/05(月) 04:21:59|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#943 Shangri-Tunkashi-La/Mederic Collignon (Plus Loin-CD) | ホーム | #941 Black Hawk Dance/Scott DuBois (Sunnyside-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/970-52e56b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。