イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#943 Shangri-Tunkashi-La/Mederic Collignon (Plus Loin-CD)

Mederic Collignon - Shangri-Tunkashi-La

1.Billy Preston
2.Bitches Brew
3.Early Minor
4.Shhh Peaceful / It's About That Time
5.IFE
6.Interlude
7.Nem Um Talvez
8.Mademoiselle Mabry
9.Kashmir

Mederic Collignon (pocket-tp,voice,el-p,perc,arr.) Frank Woeste (el-p,effects,voice)
Frederic Chiffoleau (double-b,el-b,voice) Philippe Gleizes (ds,voice)

Francois Bonhomme (horn) Nicolas Chedmail (horn) Philippe Bord (horn)
Victor Michaud (horn)

The White Spirit Sisters (vocals→only4)

Rec-2009



もう一年ほど経ったでしょうか。フランスのレーベル、ノクチューン "Nocturne" のウェブサイトに繋がらなくなったことに気がついたのは。当初はアドレスでも変えてリニューアルしているのだろうと思っていました。しかしいくら探しても見つからず。それから少ししてこのアルバムのレーベルであるプリュ・ロワン "Plus Loin" がノクチューンの後継レーベルにあたることが判明するのにはそれほど時間が掛かりませんでした。そんなプリュ・ロワンのカタログは新録やノクチューン時代の旧譜で構成され、最近はピエリック・ぺドロンやティグラン・ハマシアン、エリザベス・コントマノウ(コントマヌゥ)などのアーティストのすでにリリースされていたアルバムを 2in1 にして廉価でリリースしたり、今月にはクリスチャン・エスクーデ(エスクード)"Christian Escoude" のマヌーシュ・ギターの新譜が予定されています。精力的なリリースとその提案されるジャズへのアプローチはまさにレーベルの名が意味する通り、『より先へ(遠くへ)』進んでいることを実証しています。恥を晒すと、このレーベル名をはじめて見た時に「プラス・ライオン」と読み間違えてしまったことは内緒です。嗚呼、またもやいらぬことを白状してしまいました。

そもそもこのCDを引っ張ってみたキッカケは、売り文句になっている「エレクトリック・マイルス」というキーワードだったのですが、メデリック・コリニョンと云うトランペッターに関しては何の知識もありませんでした。奇しくもこのCDとほぼ同時期にリリースされた、Martux_m の "About a Silent Way"(Itinera) と云う、ファブリツィオ・ボッソ入りのマイルス絡みのアルバムもリリースされ、とりあえずは即座に両方を取り寄せて聴いてみたのですが、個人的な好みでは断然メデリック・コリニョンのほうに軍配が上がりました。Martux_m はエレクトロニクスを導入したテクノのようなテイストを持った内容で、今は無き "Cisco Records" でそのテのジャンルの円盤を大量に買っていた当方にとっては間違いなくツボに嵌るサウンドなのですが、現在の自分の趣向はよりハードにより大胆に畳み掛けるものに吸い寄せられてしまいます。若干の変態性も垣間見られるメデリックのこのアルバムは、当方の笑いのツボまで刺激してくるなんとも不敵なサウンドでした。

まずは主役のことを全く知らないので調べると1970年生まれのフランスのトランペッターで、かの地では大変な注目株のようです。ウェブサイトを持っているかどうか探してみるも発見出来ず。リーダー作はこれ以外に澤野工房がディストリビュートしている "Porgy and Bess"(Minium) と云う作品があるようで早速ダイジェストを試してみれば、いかにもコンパクトには纏まらない面白いサウンドが飛び出してきました。このアルバムを聴いた後だけにインパクトは薄れてしまいましたが、知らずに聴けばやっぱり引き込まれてしまうアクの強い個性的な音として捉えただろうと思います。

お勉強の苦手な当方は、このアルバムでマイルスとの関連づけを敢えて放棄し、ただただ出てくる音だけを純粋に楽しんでいます。マイルスの楽曲で統一されていると思いきや、レッド・ツェッペリン(9曲目)まで演っているのには思わず吹いてしまいました。ワイルドに邪悪に猥雑に迫ってくるコルネットが痛快で、エフェクトを豪快にかけてバリバリ鳴らされるサマはジャズを超越しロック的な感覚をも誘発します。ローズ・ピアノが歪みタテノリのドラムが感情的にビートを刻む、圧倒的な音圧で攻撃を仕掛けてきます。トラックによってはヴォイスを効果的に使用していますが、コリニョンの奔放なヴォーカルは他を寄せ付けないエグみを放ちながら耳にこびり付いて離れません。効果絶大です。

やることなすことが壮大で、いろんな要素によっていちいちツボに入りまくるという何だか訳の分からない状態ですが、当方にとっては一級のエンターテインメントとして享受させて貰いました。最高です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/08(木) 05:33:05|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#944 Theater Tilters Vol.1/Atomic (Jazzland-CD) | ホーム | #942 Mirror/Miles Okazaki (Jazz Engine-CD)>>

コメント

一歩間違えると、大はずしそうなスレスレなところを狙ってますね。
いや、狙ってるのかどうかも分かりませんが。(笑)
カシミール、どうなってるんでしょう。
  1. 2010/04/08(木) 13:51:03 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

このトランペッターはこのアルバムももちろんですが、前作も含めて多分にマイルスを意識した音作りに拘っているようです。ただしオリジナリティがあるので、対象を単にトレースするような作品になっていないところが面白いです。4人のホーン・セクションを起用することにより音の厚みも増していてスケールが大きくなっています。素材が素材だけにどうしても比較されるでしょうが、自分としては十分楽しめました。

カシミールは極端な崩しをしておらず、ソロパートはトランペットが務めています。フランスのアマゾンに、このアルバムのMP3のダイジェスト版がありましたので貼っておきます。さてpioさんの感想は・・・(笑)↓

http://www.amazon.fr/Shangri-Tunkashi-La/dp/B003913YUA/ref=dm_cd_album_lnk
  1. 2010/04/08(木) 16:59:37 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/971-685e41ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。