イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#947 Tribute to Radiohead/Amnesiac Quartet (Sebastien Paindestre-CD)

Amnesiac Quartet - Tribute to Radiohead

1.Everything in its Right Place
2.Morning Bell
3.A Wolf at the Door
4.Sail to the Moon
5.I Might be Wrong

Sebastien Paindestre (key) Fabrice Theuillon (ss) Joachim Florent (b)
Antoine Paganotti (ds)

Rec-2007



どんなジャンルの音楽でも先入観の無いように満遍なく接してきたつもりではあるのですが、ジャズに復帰してからというもの空白の十数年を埋めようと、ここ二~三年は軍資金をジャズに集中投下しているので、ほかのジャンルの動向にかなり疎くなっていることは否めません。しかしながら「昔取った杵柄」ではないけれど、自分好みの音というのはジャズ以外のジャンルにも沢山転がっているわけで、フラフラと浮気心をくすぐられる事も多々あります。そんな折、現代ジャズという範疇では自分の中で最多のライブ目撃回数を誇るロバート・グラスパーの音源が、トラック・メイカーでありヒップホップ・プロデューサーであるフランス人の "Dela" の手によって加工され、その9曲が一ヶ月ほど前からアップロードされています。その名も "The Robert Glasper Beat Tape"(リンクあり)。ただでさえラップ&ヒップホップとの結びつきの強いロバート・グラスパーですが、改めてサンプリングされるとその相性の良さからかグレードの高いものに仕上がるのは必然といった出来映えで、ノネナール臭が気になってきたオッサンも思わず "dope!" と叫んでしまう始末。いやぁ最高だ。彼の特徴とも云える流麗なリフがスポイルされること無くしっかりと抽出され、心地良い打ち込みと相俟って新たなステージに昇華している。ココのブログに迷い込んでくる方は十中八九ジャズ目的でしょうが、全くジャズに関係ないものとも言い切れないので載せておきます。興味のある方は上記のリンクから試してみてください。

そしてジャズ・ファンが恐らく手を出しにくいアルバムを今日はこの流れ(理由は下記に)で聴いています。UKオルタナティヴ・ロックバンドの「レディオヘッド」へのトリビュート作品。その名も「アムニージアック・カルテット」。個人的にはレディオヘッドは "Pablo Honey" であり "Bends" であり "OK Computer" であり "My Iron Lung" であるので、アムニージアック ("Amnesiac") 以前の初期の頃に入れあげていたということになり、馴染みの楽曲はこのアルバムでは少なめなのです。アムニージアック・カルテットのリーダーが誰なのか定かではありませんが、レーベルの関係からキーボードのセバスチャン(セバスチアン)・パンデストルが主導しているのかなぁと推察されます。パンデストルは2003年のピアノ・トリオ作 "Ecoutez Moi"(Jazzseb) で聴いているけれど、こういうものも出していたんですね。

そもそもレディオヘッドがジャズの素材として多数起用されていたことに、出戻りジャズ・マニアの当方は面食らっていたのです。前述のロバート・グラスパーも彼らのトラック "Everything in its Right Place" (このアルバムでも1曲目に演奏されています)を "Maiden Voyage" とともにカップリングし演奏していました。例えばサム・ヤエルのピンク・フロイドものとか、他ジャンルの楽曲をジャズメンが演奏するのはもはや珍しくはないけれど、この流れはこれからも続いてジャンルを超えた沢山のトリビュート作が出てくるのでしょうなぁ。個人的にはレディオヘッドとも繋がりのある、同じくUKロック・バンドの「ミューズ」(ジャズのレーベルではないよ)あたりもジャズ向きな感じを抱くのですがどうでしょう?

はてさてこのアルバム、ソプラノ・サックスでのワンホーン・カルテットになっており、そしてパンデストルはピアノではなくキーボードのみで演奏しています。聴いてみると彼らの独自色を強く打ち出していると云うほどでもなく、各自のソロは随所にあるもののどちらかといえば原曲に忠実な演奏と云えるのではないかと感じました。ですから曲の持つ魅力が発揮されとても聴きやすいアルバムに仕上がっている反面、ジャズ的なスリリングな要素には若干乏しいんじゃないかというのも率直な感想であります。個人的には初期のレディオヘッドの狂気さをも含んだような激しいトラックも採用してガンガン攻めて貰いたいのですが、やはりというか取り上げられているのはそれ以降のどちらかといえば内省的なナンバーがほとんどで、アルバム全体としても少し抑揚に欠けていて物足らないかなぁ。まぁ自分の欲求のような内容になるとこのグループのコンセプトと合わなくなるのかも知れませんが。それでもクリアなソプラノの音色にソフトなキーボードが描くレディオヘッドの世界は瑞々しさを以って表現されており、改めて曲の持つ威力を感じさせる好内容の作品には違いないのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/29(木) 04:44:34|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#948 The Right Place/Gaetano Partipilo (EmArcy-CD) | ホーム | #946 That's Gonna Leave a Mark/Matt Wilson Quartet (Palmetto-CD)>>

コメント

ぬどいさん こんにちわJ worksです。

毎回毎回Hotな記事で楽しくなります。
自分よりはるか上をゆく外し方を見させていただき
私も、もっと外していいのかなぁなどと、勇気づけられます(笑)。

いずれにしても、かなり怪しいオッさん(失礼!)であることを確信でき、ある意味、安堵いたしております。

ところで、ぬどいさんのブログにアクセスした時、必ず動画ファイルのフォルダーがリストアップされますが、あれはぬどいさんが撮られた動画なのでしょうか?
見方によっては、ちょっとシュールでもあり、怪しくもあり、謎の動画です。うーむ。
  1. 2010/04/29(木) 11:31:27 |
  2. URL |
  3. J works #-
  4. [ 編集]

j worksさん、コメント有難うございます。

>自分よりはるか上をゆく外し方を見させていただき

話題作と云われる作品ももちろん楽しんで聴いているのですが、最近ではあまりウェブで見かけないものを意識的に取り上げるようになってきました。えっ?取り上げるものではなくて当方の書く文章のことでしょうか(笑)?まぁ怪しいオッサンであることは間違いありませんよ(笑)。

>動画ファイルのフォルダーがリストアップ

これはどういうことなのでしょうか?当方から動画はアップロードしていないのでちょっとビックリしています(そもそも動画編集をしたこともないので)。自分のPCから閲覧するとそういうことが無いのですが・・・。ほかのパソコンでこのページを見たことが無いのでどのように表示されているのかがとても気になります。いずれにせよ、こちらが把握出来ていない事象なので開かないほうが懸命だと思われます。
ちょっと心配です・・・。
  1. 2010/04/29(木) 14:08:34 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

動画ファイルの件

ぬどいさん 再びJ worksです。

動画ファイルは、感知されてませんでしたか。
一応、内容お知らせしておきます。

一度アクセスすると5~6個のflv形式のファイルがリストアップされます。
ファイル名は、例えば「イカれた駄耳にジャズの洪水 947Tribute to Radiohead/A」
という感じです。
容量は数百KB程度の小さい物で、内容は全て定点カメラで撮ったようなもので、御柱祭、
学校の校庭、大文字焼き........などいろいろですが早送りで一日の動きを見るような状態ですので、見方により、ちょっとシュールな感じもあり、また、なんか怪しい事をしてるなぁなどと見ていたのですが..........。

ここで再度ぬどいさんのブログを見て気がつきました。
ブログ右の方に、小さな動画が表示されてますが、どうやらその動画ファイルのようです。
  1. 2010/04/29(木) 18:34:31 |
  2. URL |
  3. J works #-
  4. [ 編集]

お知らせ下さり有難うございました!

J worksさん、ご連絡有難うございました。

状況が把握出来ました。ブログパーツの画像だったんですね。ビデオカメラや携帯で動画を撮ることすらやらない人間なので何事かと思ってビビりました(笑)。何せアナログ人間なもので、よからぬスパイウェアのようなものを仕掛けられたのかと往生しておりました。一応マカフィーの SiteAdvisor というサイトで自分のブログのチェックをかけたのですが、「問題ない」という結果にはなりました。うーむ、余計なものはあんまり貼り付けないほうがよいのかも知れませんなぁ(汗)。ひとまず安心してもいいのでしょうかねぇ(笑)?
  1. 2010/04/29(木) 19:00:43 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/975-e84c60c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。