イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#93 Shirasagi/Itaru Oki (Nadja)

沖至


A
1.Shirasagi

B
1.You Don't Know What Love is~October Revolution

Itaru Oki 沖至 (tp) Syohji Ukaji 宇梶晶二 (bs)
Takashi Tokuhiro 徳広崇 (b) Tatsuya Nakamura 中村達也 (perc)
Joe Mizuki ジョー・水木 (perc→onlyB-1)

Rec-1974



ジャズについて語る難しさはこのブログを始めてみてつくづく思い知りましたが、フリー・ジャズについて言及するのは更に難しい。フリー好きは演奏から受けるメッセージを感じ取ることが出来るのだろうけど、さほど興味の無い人、或いは全く受け付けない人にとっては苦痛にしかならないでしょう。過激なものはお手上げだけどある程度(?)のものは楽しむことの出来る、どっちつかずの私のような人間は、聴けるか聴けないかが全ての目安となってしまっています。

で、このレコードは小生にとって両面とも興味深い内容でした。特にB面は中盤にかなり過激なところがありますが原曲を知っているだけにその個性的な捉え方が際立っているのが痛快です。制作者側の意図がオリジナルのA面にあるのは承知しているのですが・・・。

このアルバムは沖至の日本在住時の最後のコンサートで、この後彼は活躍の場をフランスのパリやリヨンに移し現在に至るのですが、彼の作品を数枚しか聴いてない上に最近の作品も全く知らないので30年以上の月日をどのような変遷を歩んでいたのか気になるところです。現在も時々帰国してライブ活動を行っているようです。



余談:おかげさまで丸3ヶ月、上記の通り私感を文章にするというのは当方にとってかなり難儀な作業ですが、最近では日課となったこのブログ、習慣づけると案外継続するものですね。今後もヒイヒイ云いながら駄文を更新し続けるつもりでおりますのでお付き合い下されば幸いです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/23(火) 00:05:38|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#94 European Jazz Quintet III-A.Skidmore, L.Zadlo, G.Dudek (Fusion) | ホーム | #92 The 2nd John Handy Album (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/98-84ce3c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。